このページについて

このブログからピックアップ理論やフィールド・レポートを発信することで、少しでも女性に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

はじめに、少しだけ私自身のことについて語らせて頂ければと思います。

ピックアップを初めてから十数年が経ちました。本当に様々な出会いがありました。出会いの絶対数も増えましたし、普通に暮らしていてはまず知り合えない人種(レースクイーンやモデル、着エロアイドルからAV嬢等)とも出会えました。経験人数をよく聞かれますが、正確な数は把握していません。

概算ですが、1000人をちょっと超えた程度です。

今まで食べたご飯を全部覚えている人なんて存在しないですよね?

そんな感覚です。エクセルでデータを細かく管理していた時期もありました。

現在はLINEをメモ帳代わりに使っています。私にはこの管理法が一番合っていることに気付きました。

しかし、いつの時代にも、「○○人切り」とか数をひけらかすナンパ師がいますが、そこは私はあまり興味がありません。人数はあくまでただの数字に過ぎず、価値を見出せません。

ナンパは、狙うターゲットの層によって即の確率が大きく変動します。PUA(Pick Up Artist:英語圏でのナンパ師の意)は女性をスト値によって判別しますが、5と9では母数も成功率も大きく異なります。

仮に低ストとセクしまくっても、本当の意味での充足感は得られませんよね?

ですから、数自体はそれほど意味をなさないのです。

ナンパは限りなく自由なスポーツです。ナンパとひとくくりにいっても、その種類は様々です。(ストリートや、クラブ、ネットなど)その中でも、私はストリートナンパ(以下、ストナン)を推奨します。

いま、ナンパ業界、特にストナンはまさにフリーランチ状態です。

コンペティターもほぼいません。本当にブルーオーシャンです。正しいやり方を正しく実行すれば、すぐにセフレや彼女も作れるでしょう。ただ、世の中には正しくない、結果の出ないノウハウが溢れています。残念でなりません。

当たり前ですが、ノウハウコレクターではナンパは成功しません。

たまにナンパ記事や、いわゆるモテ本を見て思うのですが、本当にこいつらはナンパが上手くいってるのかと甚だ疑問です。それっぽいことが記載され、「具体的にどうすればいいのか」がほぼ書かれていないからです。

結果の出ない新規参入者は業界を離脱せざるを得ません。結果が出なければ、モチベーションを維持することが困難だからです。

ですから、ナンパ市場の「現在」をこのブログで語ろうと思い立ちました。

現状もっとも結果がでるであろう「時代に則したナンパ方法」や、現役のプレーヤーが何を考え何を想いナンパをしているのか

皆様にお伝えできればと思います。これから毎日更新していくので楽しみにしていてくださいね。

以上、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です