2015年07月 一覧

番ゲしたあとのメールについて

こんにちは。kitagawaです。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。さて、本日は番ゲしたあとのメールについて書かせて頂ければと思います。

昨今ではメールにとってかわって、[LINE]がコミュニケーションツールとして最大のシェア率を占めています。「既読機能」や「オリジナルスタンプ」、「グループ機能」といった元来のメールにはなかった機能が備わっているので、非常にオリジナリティ溢れる進化を遂げています。

そもそも、上記タイトルやエントリー内で「番ゲ」と記載していますが、実際はLINE IDゲットがほぼ全てですので広義でのそれと解釈頂ければと思います。

まず、やって欲しいのは、番ゲしてすぐにLINEを開き、名前の脇の鉛筆ボタンで相手の名前を編集する」という作業です。

人間の記憶はヘルマン・エビングハウスの忘却曲線からも分かるように、認識したそばからどんどん消失してきます。ですから記録を残すのです。

和みの中で必ず聞いて欲しいことは以下の通りです。

  • 住んでる場所 →遠く離れた場所では、そもそもアポが困難です。
  • 仕事 →属性がわかればアポ打診もしやすい。(例)美容師・・・火曜定休が多い 等
  • この後の予定 →帰るタイミングなどが分かり繋がりやすくなります。あるいは即へ。

その他、聞いた方が望ましいことは以下の通りです。

  • 彼氏の有無 →相対的にアポ率が変わってくるので、かける労力配分の参考まで。
  • 仕事の勤務時間 →タイムリーにメッセージが遅れます。
  • 好きな食べ物や好きなお酒 →アポ時に誘いやすくなります。

好きなタイプ、地元、年齢などは聞く意味はそれぞれありますが、ここでは率先して聞かなくても良いです。

そして、ナンバークローズ後にLINEを開き、名前の脇の鉛筆ボタンで相手の名前を編集する」という作業を必ずして下さい。

例えば、調布に住んでいるナースのスト値7のアユミちゃんの場合

「アユミ調布ナース7」

とすると番ゲ数が増えたときも整理しつつ全対応していけると思います。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


ナンパとピックアップと江ノ島vol.2

準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ。

- エイブラハム・リンカーン(米国大統領)

7月某日。

この日は、ハヤトと今年3回目の海でのピックアップを控えた日だった。ハヤトは3回目ということもあって黒さが以前にも増して際立っていたし、kitagawaも背中の皮が多少むけてきていた。今年の江ノ島での立ち回り方もほどよく煮詰まってきたところだった。

改札を出るとすでに戦いは始まっていた。kitagawaが電車を降りてPCを片手にゆっくり片瀬江ノ島のホームを歩いていると、ハヤトはすでに改札を出て声をかけていた。金髪の美容師、スト値8。さすがだ。

kitagawaは今日起こることを想像しながら、ワクワクしていた。駅前を見渡す。ガードレールのところに、一人でたたずむロングワンピにマスク姿の女子を発見。すぐさま声掛け。間接法のシンクロ・オープナー。待ち合わせ設定をシンクロさせながら会話を構築する。

モデル。スト値8。本日は江ノ島で撮影。今年20で、バイクでここまできた。藤沢住み。既婚者。

「あたし、16で結婚したんだ(笑)」

そう言いながら、得意げに薬指の指輪を見せてくる彼女。

「三船美佳やん(笑)モラハラされてへん?(笑)」

ネグを織り交ぜつつ、興味本位で和み続行。しかし、kitagawaは法は犯さない。ちょっとだけ不毛な会話をして、ノーバンゲですぐフェニッシュ。

ハヤトとコンビニ前で合流し、買い出しをする。中で長身のコと低身長のコの凸凹コンビ発見。様子を伺う。コンビニで商品を選びながら時間調整。

ほぼ同時に出て、歩きながら声をかける。

「すみません、江ノ島初めてなんですけど、どっちの浜が良いですかね?」

kitagawaの10ダラースマイル&間接法オープナー。ハヤトがすぐさまサポートに入る。持ち物ネグ。オープンするも大丈夫系女子(「大丈夫です」と言いながらナンパを避ける女子)だったため和めず。

斜め前にサングラスをかけている高ストらしき案件が通り過ぎていく。フォトオープナー&リターン。全開で和む。6と7の二人組。流れで6を担当する。バレエダンサー。小田急沿い住み。ダンスつながりということもあり、そこを掘り下げる。路上でブレイキンを見せる。大ウケ。あまり時間を使っていられないので、番ゲして放流。

東浜へ。ステージ付近に陣を構え、さっそく近場からアプローチ開始。

気怠い感じの女子二人に声掛け。上手く和めず。浜を歩きながらサージング。

ハヤトのビーチボール・オープナー。フェリ女。彼氏持ち。横浜住み。スト7。結構長めに和みつつ、番ゲ。

その後もkitagawaのネグオープナーとハヤトのビーチボールオープナーでモリモリ声掛け。目立った案件に出会えず、西浜へ。意外に東浜は彼氏居る率&高校生率が高かった。落とすまでのリソース投下が半端ないので積極的にアプローチをかけてない方向で。彼氏持ちも可能性は0ではないし、JKを大切にあっためて18まで待って準即、ってのもきっとアリなんだろうけど。手持ちのコマが増えて回しきれていない状況下においては、正直狙わなくて良い。

途中、何故かハヤトにマンゴーをご馳走してもらう。ちょっと元気が出た。西浜へ歩きながら、スト。ここにきてkitagawaの会話が走り出す。彼氏持ち多いな。彼氏居たけど番ゲ。

3、4件声掛けたところで西浜へ到着。日が沈む直前だったということもあるのか、浜全体がマッタリ気味。東浜よりもオープンからの番ゲがしやすい感覚がある。

西浜1件目。某MARCHのダンス部。スタイル抜群、高身長でおしりのプリッとしたショートカットのお姉さん。スト値8。オープンせず。

2件目。スト値8。しかしJK。。18が近かったのでとりあえず番ゲ。kitagawaは法は犯さない。

3件目。川崎住み。渋谷アパレル。スト値8。いい感じに和み、何故かテキーラサンライズを貰う。ゴチです。番ゲ。

4件目。錦糸町住み、保育士。見た目ギャル。スト値5。相方がかわいかったので、ハヤトに頑張って欲しい。番ゲ。

テキトーに声掛けを続け、19時にアポがあったので、撤収。西浜の方が全体的に率が高かった。

また、前回からの課題である江ノ島ビーチからの即狙いであるが、今回も検証できずに終わる。また次回これは検証していきたい。


Pick Up レポート@湘南江ノ島 東浜→西浜

  • 声がけ:18件
  • 和み:9件(移行率 50.00%)
  • 番ゲ:6件(移行率 66.67%)
  • :0件(移行率 0%)
  • 準即:1件(移行率 16.67%)※フェリ女7

総評:

7月29日水曜、天候は晴れ。西浜の女子の人数は海岸をざっと見渡す限りおおよそ40名前後。ただし、海の家等でくつろいでいる人数や明らかにJK等の対象を除く。7月の平日はまだJK率高め。午後2〜3時にピークタイムを迎える。女性層には一貫性は特にはない。性格的には明るめで、なんらかの刺激を求めてきている子が傾向値としては高め。スト値のボリュームゾーンは5〜6。コンペティターはほぼ皆無。この日は東浜に2〜3組いる程度だった。文字通りブルーオーシャン。

以上


1 2 3 4 16