用語解説 vol.4「待ち合わせオープナー」

エントリー内に細かい情報が散在しているので、ルーティーン解説も含め少しずつまとめて参ります。

今回は、私が使っている数々のオープナーのうち、限定条件における間接法で最近もっともオープン率の高いオープナーをご紹介させて頂きます。その名も

待ち合わせオープナー。

正しく体得すれば、まず間違いなく誰でもオープン率は8割を超えます。それだけ再現性は高く、非常に安定したオープナーといえます。


□「待ち合わせオープナー」とは?

「待ち合わせ」という限定条件において、非常に高い効果を発揮するオープナーです。まずはやり方を説明します。

例)「すみません、いま友達待ってるんですけど、まだ来ないんですよ。18時待ち合わせなんですけど、(時計を見るなどしながら)もう15分じゃないですか…おねえさんならどれくらい待ちますか?(笑)」

的な感じがデフォルトのトークスクリプトになります。時間はそれぞれの時間に合わせて変えて頂ければと思います。声掛け時の5〜15分くらい前の区切りのいい時間が違和感がなくベストです。

この声掛けのメリットは以下の点です。

  • 間接法を用いることでナンパだと感づかれにくくなり、ガンシカ(完全に無視される状態)率を低減できる。
  • 相手も人を待っている立場上、類似性の法則により親近感が増す期待値が上がる。
  • ナンパに答えるか無視するかという選択肢が瞬間的に排除され、「自分なら何分待つんだろう」という思考に誘導できる。(コールドリーディング

デメリットは以下の点になります。

  • 彼氏との鉢合わせでトラブルに巻き込まれる可能性がある。
  • 「誰かを待っている人」にしか基本的には使えない。
  • オープンからインパクト重視のナンパスタイルには合わない。

そもそも、上記デメリットにも対策があるので、このオープナーを使用する場合のデメリットらしいデメリットはありません。彼氏との鉢合わせに関してはオープンさせて質問の答えが返ってきたら、「誰を待っているのか」あるいは「何時に待ち合わせしているのか」を次の質問で尋ねればリスクは限りなく減ります。

kitagawaのオープンからの基本的な流れは以下になります。

  1. 何分待てるか聞く→共感、あるいは賛辞
  2. 誰を待っているか聞く→自分も同じ属性の相手を待っていると返答(友人なら友人、彼氏なら彼女)
  3. どこか褒めポイントを探し褒めつつ会話を展開
  4. ナンバークローズ、あるいは即日ブーメラン(番ゲした後に一旦放流し、再度当日に会うルーティーン)

一度やってみるとイメージはつかみやすいと思います。慣れてしまえば普段ナンパに引っかからないような子も面白いようにオープンしていくので、病み付きになること間違い無しです。

以下、動画が実際の流れになります。宜しければご覧ください。

友だち追加数

上記友だち追加ボタンでご登録頂きますと、実録リアルナンパ記録を期間限定で随時プレゼントしております。
ご登録頂いた方限定の配信です。よろしければ、こちらも合わせてお楽しみ下さい。

ID検索の場合は「@nanpa」で追加頂けます。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です