女の子のシェアについて

こんばんは、NPWのkitagawaです。

最近、「即れた女子のうちノーグダ度の高かった案件を友人にLINEで回しつつ、再現性のありそうな新しいルーティーンを検証し、再度第三者が即れるかどうか」

というものを検証しています。

検証しているルーティーンは以下のものになります。

  • 線香花火ルーティーン
  • トゥー・レイト・アポイントメント

友人やナンパ師仲間と女の子をシェアするのは賛否両論あるかと思いますが、kitagawaは肯定派です。

ただ単純に即の数を追うなら効率的ですし、kitagawaのようなキャッチ&リリースのpick up styleならばより一層リソースを再分配できます。

現在の日本社会では、恋愛ヒエラルキーの高い2割の男女が全体の恋愛市場における8割のリソースを独占しています。(8:2の法則、あるいはパレートの法則)このヒエラルキーに下克上を突き付ける、あるいはピックアップの効率化を図る目的で作られたのが数々のルーティーンといえます。

PUAがblogを書く理由は様々だと思いまが、以上を踏まえた上でkitagawaの根源的なモチベーションに繋がる理由は2つあります。

一つ目は、自分がしてきた経験やナレッジの備忘録的な役割です。

二つ目は、そのナレッジを多数派の8割の男性に伝えて、公平に富を分配できたら面白いんじゃないかって。そんな思いからです。”面白い”以外の言葉で上手く形容できませんが、その表現が一番しっくりきます。

話がだいぶ脱線してきましたが、今後もルーティーンの検証とそのナレッジの共有をデータと共に惜しむことなく発信していきますので、どうぞご期待下さい。

それでは、本日は以上になります。kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です