リレー、およびピックアップルーティーン検証

こんばんは、NPWのkitagawaです。

先日、「即れた女子のうちノーグダ度の高かった案件を友人にLINEで回しつつ、再現性のありそうな新しいルーティーンを検証し、再度第三者が即れるかどうか」

というものを検証しています。

検証しているルーティーンは以下のものになります。

  • 線香花火ルーティーン
  • トゥー・レイト・アポイントメント

本日、1人目のデータが上がってきたので、ご報告させていただければと思います。

リレー:2人目

□線香花火ルーティーン

多少はエモーショナルな部分に訴えかける何かがあったかもしれない。終電までの時間枠を埋める一助にはなった。女の子の趣味趣向と場面に合わせて使っても良いかも。具体的内容としては、近所の公園で線香花火をやるだけのルーティーンです。そのまんま。先に落ちた方が罰ゲームをしたり、いろいろアレンジしてみてください。ちなみにkitagawaはケツを出す、という罰ゲームをしてシュールに盛り上がりました。(完全に人を選びます。)

□トゥーレイトアポイントメント

初期設定では20時のアポだったらしいですが、22時にシフトしてもらいました。基本は、翌日が休み(あるいは早くからの予定がない)なのを確認して運用してください。準即のほとんどはこれを使用しています。ゆとり過ぎるルーティーンなので、夕方や日中からのアポでテクニックを用いて準即まで持っていくスタイルを極めるのにはまったく向いていません。これに頼っていると、確実に技が錆びていきます。また、この時間にアポを打診することで案件を選別できる、というメリットもあります。ここに乗っかってこない案件に関しては、通常アポに流して攻める、で良いと思います。kitagawaは6以下の底ストにおいては、タイムリソースが無駄になるのを避けるため、ここで損切りをします。

いろいろと試しつつ、リレーが何人できるか試行錯誤してみます。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です