番ゲしたあとのメールについて

こんにちは。kitagawaです。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。さて、本日は番ゲしたあとのメールについて書かせて頂ければと思います。

昨今ではメールにとってかわって、[LINE]がコミュニケーションツールとして最大のシェア率を占めています。「既読機能」や「オリジナルスタンプ」、「グループ機能」といった元来のメールにはなかった機能が備わっているので、非常にオリジナリティ溢れる進化を遂げています。

そもそも、上記タイトルやエントリー内で「番ゲ」と記載していますが、実際はLINE IDゲットがほぼ全てですので広義でのそれと解釈頂ければと思います。

まず、やって欲しいのは、番ゲしてすぐにLINEを開き、名前の脇の鉛筆ボタンで相手の名前を編集する」という作業です。

人間の記憶はヘルマン・エビングハウスの忘却曲線からも分かるように、認識したそばからどんどん消失してきます。ですから記録を残すのです。

和みの中で必ず聞いて欲しいことは以下の通りです。

  • 住んでる場所 →遠く離れた場所では、そもそもアポが困難です。
  • 仕事 →属性がわかればアポ打診もしやすい。(例)美容師・・・火曜定休が多い 等
  • この後の予定 →帰るタイミングなどが分かり繋がりやすくなります。あるいは即へ。

その他、聞いた方が望ましいことは以下の通りです。

  • 彼氏の有無 →相対的にアポ率が変わってくるので、かける労力配分の参考まで。
  • 仕事の勤務時間 →タイムリーにメッセージが遅れます。
  • 好きな食べ物や好きなお酒 →アポ時に誘いやすくなります。

好きなタイプ、地元、年齢などは聞く意味はそれぞれありますが、ここでは率先して聞かなくても良いです。

そして、ナンバークローズ後にLINEを開き、名前の脇の鉛筆ボタンで相手の名前を編集する」という作業を必ずして下さい。

例えば、調布に住んでいるナースのスト値7のアユミちゃんの場合

「アユミ調布ナース7」

とすると番ゲ数が増えたときも整理しつつ全対応していけると思います。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です