即までの道程で意識すべきこと

こんにちは、PMMCのkitagawaです。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は即まで向かう道筋の中で、kitagawaが気を付けていることについて書かせて頂ければと思います。

女性が男性を受け入れるには、幾つかの重要なファクターが存在しています。勿論、個人差はありますが。

例えば

  • 男性が尊敬できる対象かどうか
  • 身の安全が確保されているかどうか
  • 男性が自分のことを大切にしてくれるかどうか

など、項目をあげていけばキリがないですが、

話していく過程で、その女性がどこに重きを置いているかどうか

という部分が、意識すると見えてきます。

そこに沿うように会話や行動を後出しで乗せていくイメージです。

それをはかる指標の一つとして、以前エントリー内で書かせて頂きました恋愛遍歴引き出しルーティーンがあります。このルーティーンは様々な案件に幅広く対応可能であり、非常に万能なルーティーンといえます。

「即りたい」という男性側のベクトルが、女性側の思考と一致することはほぼありません。それは、それまでに生きて行く過程で刷り込まれてきた固定観念だったり、脳構造上の問題だったり、そもそも持っているバックボーンが大きく異なるから仕方ないことです。

しかし、女性側が「即られてもいいかな」と思うことは大いにありえます。それを言葉にするかどうかは置いといて。即られる人のほとんどが、そう思っている、もしくは何も考えていない(あるいは考えられていない、思考停止の状態。)です。

即までの意識モデル.001

すべての女性の中に(もちろん「即られない」の意識が強い女性の中にも)「即られてもいい」状態と「思考停止」の状態は必ず存在します。

その度合いを50%以上にすればそれが脳を支配し始め、即に到達できる、という理論です。

よろしければ意識して試してみてください。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です