コンビナンパのモデルパターン

こんにちは。NPWのkitagawaです。厳しい残暑が続いておりますが、皆様はいかがおすごしでしょうか。

さて、本日はコンビナンパについて記述していこうと思います。

はじめに、結論から言います。

ストリートナンパはソロの方が圧倒的に有利です。

逆に、クラナンはコンビの方が圧倒的に有利です。むしろ、ソロだとめちゃくちゃキツい箱も多く存在します。

今回は、あまり成功者が見受けられない、ストリートのコンビナンパにフォーカスして進めてまいります。

まずはじめに、なぜ、ストリートナンパか?

これは散々論じてきましたが、クラブにいかないタイプのごくごく普通の子が(当たり前ですが)たくさん居るからです。さらに、母数もクラブに比べて圧倒的に多いです。

クラブに行かない子たちは、ナンパに慣れていません。ですから、相対的にナンパに引っかかりやすいと言えます。

次に、なぜ、コンビナンパなのか?

コンビナンパをするメリットはいくつか挙げられますが、以下が主だった理由です。

  1. ウイング(ナンパの相方)がいるとメンタル的に楽。
  2. 一人が失敗しても、もう一人が強く主導権を持つことで、チームとして成功まで導くことが可能。
  3. 乱に持ち込んだ場合、一度で二度美味しい。

1が一番重要です。ナンパをしようと思ったとき、自尊心や、見栄、世間体などの様々な理由からメンタルブロックがかかり、地蔵(声をかけられず、佇んでしまう)状態に陥る場合があります。特になんの制約や義務もないピックアップなら尚更です。

ある一定数のナンパをこなし、成功体験を積むまでは、それが如実にでてしまう人も多いのではないのでしょうか。ですから、できるだけ早く、多くの成功体験を積んでほしいと思います。

コンビナンパのモデル.001

上記の図をご覧ください。

こちらはコンビナンパにおけるモデルパターンです。対象の女性がいたら、サイドから近付き、平行して歩きながらオープナーを投げてください。

両側から挟む方法もありますが、圧迫感があり、「あー、ナンパだなー」という露骨なチャラさが少なからず出てしまうため、お勧めしません。

自分かウイングのどちらかオープンさせやすい方がオープナーを投げると良いでしょう。そしてタイミングを見計らって、早い段階で最初に声掛けしていない方とウイングを絡めます。

これは自分が友人として紹介しても良いですし、オープンしていたらウイングが自ら絡みにいっても良いです。これには正解はありません。

あとは女性の足が止められれば、和みからの連れ出しを狙いにいってみてください。

和みや連れ出しに関しては以前記述させていただいておりますが、最新の考察を改めまして載せて参りたいと思います。乞うご期待。

本日は以上になります。それでは、Kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です