北風と太陽理論【NWS:the North Wind and the Sun Theory】

こんにちは。”ナンパとピックアップと私”、kitagawaです。

本日は、前回のエントリー(恋のフライト・アテンダント 序章 〜魔法にかけられて〜)の中でも記述させて頂きました、北風と太陽理論についてのエントリーです。だいぶ昔のエントリーでも少しだけ書かせて頂きましたが、今回はもっと掘り下げてリライトして参ります。

北風と太陽理論【NWS:the North Wind and the Sun Theory】

ギラつきからセクまでの工程の中で、はじめから脱がせよう、セクを狙おう、という焦りの気持ちばかりが先行すると、女性は潜在的にそれを察知し、当たり前に拒否反応を示してしまいます。

ですから、最初は敢えてできるだけ紳士的に振る舞っていくことで信頼感が増大し、逆にセクへのメンタルブロックを緩和できる、という理論です。

以下が具体的な手法の一例です。

1、トーション(ひざ掛け)を用意する。

画像のようなマイクロファイバー等の肌触りが良いもので暖かいものがオススメです。ちなみにkitagawaは、上の画像と同じものを使っております。下の女の子が使用しているものがそちらになります。

IMG_2679

2、部屋で座った瞬間に渡してあげる

「さも当然」かのように渡してあげましょう。変にドヤったりしてはいけません。ジェントルマンっぷりを醸し出すには、あくまでもさりげなさが重要。

上記の例は非常にシンプルなものですが、その他も色々なシュチュエーションでの応用パターンがあるかと思います。

N・W・S→シャンパン・セレブレーション→(焼き魚R・E・O)×n

のようなコンボはkitagawaが最もよく使用するものです。ノーダメージ・メガンテライク・ア・プリンセスを挟んでも面白いと思います。

ぜひオリジナルのコンボあるいはルーティーンを意識して模索してみてください。それが皆様の黄金パターンになっていきます。

人間相手なので、全く同じやり方をしても、その人の持つ雰囲気や細かい仕草、持っているバックボーン等により、出る結果が異なってしまう場合があります。ですから、ただ真似るよりも繰り返し使用して微調整を加えていくことにより、さらに再現性の高いものになると思います。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です