2015年10月30日 一覧

餅は餅屋理論

こんにちは、”ナンパとピックアップと私”管理人のkitagawaです。

最近めっきり寒くなって参りましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は、先日のエントリーで上がっておりましたセオリーの一つをご紹介させて頂きます。

 

その名も…

餅は餅屋理論。

当たり前ですが、ピックアップを続けていると何処かのタイミングで”苦手な分野”と”得意な分野”が浮き彫りになってきます。得意な分野に特化してピックアップ効率を上げる、という理論です。

この理論の見地からナンパを組み立てると、

好みのタイプの女性<得意なタイプの女性

という不等式が出来上がります。

成果至上主義(この場合は即、あるいは番ゲ)の観点から鑑みると、高確率にオープンできるであろう案件にフォーカスしてアプローチを継続していくのは、非常に生産性が高く、かつ効率的なタイムリソースの投下の仕方です。

例)

・元バンドマン→バンギャ

 

この記事をこのタイミングで記載させて頂きますのには、理由があります。

上記理論は、ハロウィンでも同様に応用できます。

例)

・医者→ナース 聴診器(ドンキでも購入可)も合わせて持参し、診察しちゃってください

・ポリスマン→婦警 手錠(100均でも購入可)も合わせて持参し逮捕しちゃってください

etc..

 

考えれば、そんな感じに無限に広がってきます。ちなみに、上記2つは実際試してますが、実数値としてもオープンしやすく、あるいは和みやすくなっていました。

母数が数百までのデータがとれていないので正確なデータはお出しできませんが、数十件のデータから類推すると平常時より10%〜30%は上昇傾向にありました。

心理的な見地から鑑みると、

  1. お祭り効果による興奮度(テンションの高まり)の上昇
  2. 類似性の法則による親近感の増大

上記2点が主に結果指標に寄与していると考えられます。

 

実感値ではない実際の数値上のデータに基づいて、仮説と検証を繰り返しながらピックアップを繰り返し、またトライアル&エラーしていく、という流れがもっとも成長が早いスタイルであると認識している今日この頃です。

本日は以上となります。それでは、kitagawaでした。

 


ハロウィン期間限定企画(〜10/31迄)

定量目標: 8即(準含)に向けて成果をLINE@にて絶賛先行配信中!

ブログではすぐにお見せできない、実際に即まで到達した女性の写メ等も配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。