ナンパとピックアップと学園祭③ 〜ほつれた糸の罠〜

I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.

失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられないんだ。

ー マイケル・ジョーダン(バスケットボール選手)


「スタバで待ってるね。」

そんなメッセージのやり取りを彼女としていたのは、11月ももう半ばに差し掛かろうとしている頃だった。冷たい北風が、kitagawaの頬を撫でた。もうすっかり、秋だ。

秋といえば、ピックアップに向いている気候と言える。日が出ている間は比較的過ごしやすく、アウターやジャケットでお洒落もしやすいからだ。

kitagawaは彼女を待つ間、溜まったフィールド・レポートをスタバで整理しようと目論んでいた。語弊がないように予めお伝えしておくと、ここでいう彼女とは、”お付き合いをしている女性”という意味ではない。待ち合わせの彼女は、先日の学園祭ナンパにてピックアップした、女子大生だった。

アパレルのバイトをしているらしかった彼女は、非常にお洒落な印象を受けたのでファッションが好きなkitagawaは彼女を鮮明に覚えていた。茶色い女優帽にチェスターコート、オフホワイトのニットワンピにショートブーツを合わせた格好は、まさに今年のトレンドと呼ぶに相応しかった。勿論、kitagawaとファッションの話がとても弾んだのも、よく記憶している。

そんな彼女とのアポ。、あるいは準即を狙う姿勢は常にあるが、今日は純粋に彼女とのデートを楽しもうと思っていた。仕事後で時間がなかったため、そのままスーツで予定の時間まで作業をしていた。

程なくして、彼女から渋谷に到着した旨のメッセージを着信した。スタバで作業しながら待っていると、突然後ろから声をかけられた。

「うおっ」

丁度パソコンで写真にモザイク加工を施す作業をしていたkitagawaは、思わず声をあげて驚いてしまった。kitagawaがびっくりした反応をしたことで、彼女もびっくりしていた。

EMODAのハイウエストのジーンズ、白いニットのトップス、そして、チェスターコート。彼女はそんな出で立ちでスタバのコーヒーを片手に、kitagawaの真後ろにいつの間にか立っていたのだ。いつから?作業に集中し過ぎて正直分からなかった。

「行こう。」

彼女から笑顔で言われた。スタイルが良く、お洒落でよく笑う彼女はkitagawaにとってとても魅力的だった。スト7。

そのまま彼女の横を並んで歩き、目的地まで向かう。今日は寿司を食べよう、とのことだった。kitagawaは行きつけの場所があった。そこは道玄坂にあり、かしこいお猿さんの会(※1)のメンバーともよく来ている場所だった。

ホームの強さは色々なところに出るものだ。店を決める上でグダグダやっていたりすると、女子のテンションもだんだん下がってきたり、あるいは決断力のない人、頼り甲斐のない人、というレッテルを貼られてしまうことになりかねない。そして、自分のメンタル面においても、知っている場所は安心感があり、プラスに働くことは多い。

寿司屋に到着。いつも混んでいる店だが、このときは平日の夜遅かったこともあり、すんなり席へ通してもらえた。

「何にする?」

彼女に注文を促し、自分の注文と合わせて頼んであげる。

「こないだ、沖縄にいってきたんだ。沖縄のお酒といえば?」

kitagawaは彼女に冗談っぽく質問をした。

「え、泡盛?だっけ?」

彼女は小さな笑みを浮かべながら答えた。kitagawaは小さく頷き、そのまま泡盛をロックで2つ頼んだ。彼女が飲める子だということは、事前情報でインプットされていた。

お互いの過去の話をしつつ、価値観を共有していく。自分史ルーティーン。話している途中、ちょうど先日買ったばかりのスーツのボタンが取れかかっていることに気付き、あとで付けて欲しいと打診した。彼女は快くそれを了承した。そして気付いたころには、泡盛ロックはすでに3枚目に突入していた。彼女がトイレに立ったとき、手早く会計を済ませた。

「そろそろ行こうか。」

彼女が戻ると同時に、kitagawaは笑顔でそう言った。もう十分に彼女との信頼関係は構築されていると確信していた。それだけ彼女から笑顔、あるいはボディタッチなどを多く引き出せていた。

そのまま、kitagawa宅の方へ何気なく歩ていく。マンション前。

「ここなんだよね。あ、そうだ、ボタン付けて。」

kitagawaは笑顔で言った。彼女は一瞬、驚いたような表情になったが、次の瞬間、いいよと頷いた。パーカー理論。ノーグダ。インマイハウス。

2015-11-11 23.23.13

ー続くー


【LINE@にて激ヤバ情報配信中!】

ブログではすぐにお見せできない、実際に即まで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


【用語解説】

かしこいお猿さんの会@project Shibuya:

(※1)渋谷を中心に活動するPUAチーム。kitagawaもここに所属する。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です