渋谷ナンパ 〜ジングルベル・ストーリー〜

本日のエントリーは前回のエントリー

① 渋谷ナンパ 〜素敵サンタをターゲティングせよ〜

② 渋谷ナンパ 〜atomと素敵サンタとアモッキング〜

③ 渋谷ナンパ 〜生きることは呼吸することではない。○○○することだ。〜

こちらの続編となります。よろしければ、そちらから御覧頂ければ幸いです。


You can’t get away from yourself by moving from one place to another.

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

ー ヘミングウェイ(小説家)


ロッカー付近で和んでいた素敵サンタとはキス・クローズに終わってしまった。

依然として、kitagawaたちは持ち出し案件を見つけられずにいた。果たして、kitagawaはジングルベルの鈴の音を鳴らすことが出来るのか。

「一旦上まで戻ろう」

kitagawaは独り言のように言った。小山は頷き、上りのエレベーターに二人で再度乗り込む。

5階フロアに戻り、再度サージング。案件は?居ない。

「一度ぐるっとサージングして、案件がいなければストろう。」

どちらともなく、そんなことを言った。

そうこうしているうちに、アモッキングをして和んだ案件と再会した。そして、何故かその男性と、スト7の案件と4人でクラブ出る流れになった。今度は、kitagawaがそのスト7案件と深く和みながらatomを後にした。atomから左手に坂を下り、ドンキ前までダラダラと和みながら歩いた。時間にすると数分だったろうか。自己開示をしつつ、彼女の深層心理を探る。

「へー、そうなんだ。実は私も…あ、ううん、やっぱいいや。(笑)」

彼女は、何かkitagawaに隠している様子だった。その正体が何かは掴めずにいた。

彼女と小山の和みは十分なはずだった。それは、彼女の連れの男性をアモッキングしながら、横目で小山たちの深い和みを見ていたので明らかだった。

スト7と和みながら、kitagawaの中である一つのストーリーが産声をあげた。大胆かつ、緻密に計算されたストーリー。

「じゃあこの辺で解散ですね。」

ドンキ前でkitagawaが言った。スト7の彼女は、連れの男性のことをなんとも思っていないことは会話の中から既に引き出していた。

そのまま、二人を見送り、atom前の坂の方へ歩き出す。atom坂4step理論を展開するためだ。

それと、同時に即日ブーメランも狙っていた。kitagawaの携帯にメッセージの着信があった。先ほどの連れをアモッキングした素敵サンタ7からだ。

2016-01-02 19.23.02

先ほど脳内で思案したストーリーに入りつつあった。小山と歩きながら作戦を共有する。小山は、彼女と十分に和んでいた。しかし、kitagawaは彼女とatomを出てからドンキまでの道のりでしか和んでいない。kitagawaの思案するストーリーを成功させるには、小山の協力が必要不可欠であった。

kitagawaと小山のピックアップは、少し方向性が違った。高いビジュアルと、軽妙なトーク、そしてロマンティック溢れる色恋を根底においた手法で、女性を魅了するタイプの小山。それに対し、どちらかといえば恋愛よりも尊敬させるステージにあがってもらい、「一緒にテニスをやろうぜ」的な軽快なフットワークでセクまで持っていくタイプのkitagawa。

彼女とのセクをより確実に展開するには、まずkitagawaが先に彼女を攻める必要があった。小山はきっと失敗しない。しかし、小山に色恋要素が少しでもある以上、これ以上セク等により肉体的な結びつきからメンタルにもその繋がりを波及させることで、kitagawaのギラが阻害されてしまう確率が高まる懸念があった。

そのことを端的に小山に伝え、チームとしての勝利をより確かなものにする必要があったのだ。小山はとても聡明だった。すぐにkitagawaが意図してることを理解し、自分が何をすべきかを悟った。

「30分で決める。」

kitagawaが小山に言った。小山はうなづくと、それぞれの道に歩を進め。そうこうしているうちに、ドンキ前に彼女がついた———。

ー続くー


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です