渋谷ナンパレポート Vol.2 〜増刊号〜 

Obstacles are those frightful things you see when you take your eyes off your goals.

障害がおそろしいものに見えるのは、目標から目を離すからだ。

ー Henry Ford(起業家) 


Chapter 1 〜素敵サンタをターゲティングせよ〜

「今日明日のすべての女子の誘いを断った。」

kitagawaがそんなLINEメッセージを小山に送信したのは、クリスマス・イブの24日の昼下がりの出来事だった。

「やりおる…俺、明日も仕事だから、チキってアポ入れてもーた。」

ちょうど昼食をとっていたらしかった小山から、そんなメッセージが即座に携帯に着信した。

少し経ってから、ふたたび携帯のバイブが振動した。小山からだった。

「俺も今日出動するわ。サンタの服を着て繰り出そう!」

仕事に戻ろうとしていたkitagawaは、小山からのそのメッセージに歓喜した。元々kitagawaはその日、丸ノ内でソロでストリートナンパをする予定でいた。しかし、思いもよらぬ小山の提案に、今夜起こるであろう出来事を想像し、胸が躍り出すのを抑えきれずにいた。

仕事を手早く片付け、小山が渋谷に来るタイミングに合わせて職場を出ることにした。同僚から、イブの夜に急いで職場を出ることを揶揄されたがそんなことは別に大した問題でもなかった。

「今日は寂しく男友達と飲んできますよ。」

笑いながらそう話し、下りのエレベーターに飛び乗った。時計の針は21時を回っていた。そのまま足早にマンションまで帰宅し小山に電話をすると、小山もちょうどkitagawaの家に到着するところだった。話を聞くと、どうやら一足先に到着していて近くで時間を潰していたらしかった。

kitagawaが用意する間、小山がドンキに買い物に行ってくれた。サンタのコスプレを買うためだ。準備が終わる頃に、インターホンが鳴った。買い物を済ませた小山だった。部屋に戻った彼は、ドンキの大きな黄色い袋を手に提げていた。中を見ると、サンタの他に何か大きな茶色いものが入っていた。

「なにこれ?」

kitagawaは怪訝そうな表情を浮かべ、そして半分笑いながら小山に尋ねた。

「スタイリッシュ・トナカイ。」

小山は微笑みながら答えた。ああ、そういうことか、とkitagawaは思った。トナカイ&サンタコンビの誕生した瞬間だった。

今宵はクリスマス・イブだ。もはや、結果にコミットするヴィジョンしか見えなかった。そのまま、二人はそれぞれの衣装を身にまとう。さながら、ハロウィンのときのような感覚だった。

「今夜も素敵なサンタをゲットしよう」

そう言いながら、kitagawaと小山は固い握手を交わした。

一つ、懸念材料があった。それは、kitagawaも小山も翌日に仕事を控えていたことだ。サラリーマンはなにがあっても本業をないがしろにしてはいけない。そんなマインドセットを二人とも持ち合わせていた。責任感は、人一倍強かった。

しかし、今夜はどうしてもプレイしたいゲームがあった。素敵サンタをテイクアウトするという、至ってシンプルなゲームだ。テーブルの上には既にケンタッキーのフライドチキンとシャンパンがあった。

クリスマスに必要な最後の1ピースを求めて、二人はマンションを勢いよく飛び出していった。

Chapter 2 〜atomと素敵サンタとアモッキング〜

素敵サンタを追い求めて、ソリを走らせたサンタkitagawaとトナカイ小山。

二人には翌日朝から仕事が控えていた。しかし、どうしても「クリスマス」という世界観で、新しい結果を残したかった。それは、二人の共通の目標でもあった。必ず達成できると思っていたし、その覚悟があるからこそ、今日を決戦の日に選んだのだ。

そんな思いを胸に向かった先、今宵の決戦のフィールドは、渋谷のクラブ、atomだ。

【club data】

6efe46e9-df08-4b8e-830f-9beddcfa10bf

◆atom tokyo◆

渋谷区円山町にあるクラブ。チャラ箱(ナンパが多く、チャラチャラとした雰囲気が強いクラブ)として有名。

一時期はその噂や口コミを聞きつけた男性たちで溢れかえっていた。所謂、男祭り状態に。

現在は少しずつ、過去の輝きを取り戻しつつある。

12時までに入ると基本的にはいつでも1000円で入店可能。もしくは、平日ならばゲストを取れば何時でも1000円で入店できる。お財布にも優しい。

女性の層は二十代前半中心でかなり若め。美容系、アパレル、JD、キャバ風を中心として、ナースや保育士も散見される。

男女比は7:3〜。最悪の場合は9:1。この「男祭り状態」は週末に多く見られ、内状はアトム前に出来ている行列を観察すると、ある程度は予測できる。

平日の終電後のナンパにお勧めしたいクラブの一つだ。

http://atom-tokyo.com

入り次第、サクサクと声をかけはじめた。まずは、エントランスすぐのロッカーにて。そこから、エレベーターにかけて何人かの女性と和んだ。スト低だったことと、ウォーミングアップも兼ねてのことだったので、Lゲせずに放流。

中は、平日にしてはまずまずの人の入りだった。時間がまだ早かった為、これから増えるであろうことも容易に予測できた。

5階のメインフロアで、手当たり次第声掛け。何件か和むも、即案件らしき女性には巡り会えずにいた。4階と6階もあわせてサージングを行う。

6階のトイレ前。男連れでいる女性に対して、小山がオープナーを投げる。咄嗟に自分がするべきことを理解し、連れの男性に声をかけるkitagawa。そのまま、kitagawaとお連れの男性、小山と女性の2:2の構図が出来上がる。

その男性とはビジネストークで盛り上がる。小山たちの様子を横目で確認しながら、なるべく話を引き延ばし、男性の興味をkitagawaに惹きつける。その隙に小山は深く、とても深く和んでいた。クラブの中でセダクション・フェイズ(セクに移行する直前の誘惑の最終段階)にシフトしてしまいそうな勢いだった。

完全なる即案件に見えた。瞳が大きく、ハスキーな声を持つサンタの彼女。スト7。アモッキングに成功した瞬間だった。

そのまま、6階のダンスフロアへ行くと、背の高いスト7と背の低いスト6のセットを発見した。kitagawaはスト7と和むと、小山はすかさずスト6のカバーに入った。スト7の女性は、とてもスタイルが良く、笑顔が素敵な関西弁のお姉さんだった。隣でダンスを踊り、腰に手を回すと、彼女もノリノリでヒップをkitagawaの股間に擦り寄せてきた。そのままの勢いで思わず抱き寄せてキス。ノーグダ。

隣の小山を見ると6の案件はどうやら外国の方がお好きらしく、DJブース前で外国人と楽しそうに踊っていた。この子たちは持ち出し案件ではなかった。残りのタイムリソースを鑑みると、彼女の興味を外人からこちらへ向けさせ、テイクアウトまでの流れを創出するために投じる時間的コストが割に合わなそうだった。大人しく7の彼女からLゲをして放流。ここが現状の効用最大化点だと踏んだ。

この案件とは年明け3日の夜にアポを入れたのだが、それはまた別のお話。

2015-12-29 09.47.30

依然として、二人は即案件を持ち出せずにいた。手首に巻き付けてあるアナログ時計の針は無情にも動き続け、タイムリソースは目減りするばかりだった。果たしてこのまま終わってしまうのか———。

Chapter 3 〜生きることは呼吸することではない〜

素敵サンタを追い求めて、ソリを走らせたサンタkitagawaとトナカイ小山。止まらない時計の針と、焦燥感。

「下に一度降りよう。」

小山が提案した。

atomのエントランスは5階にあり、1階の存在理由は三つある。

セキュリティによるボディーチェック、ゲストチケットの取得、および無数に並んでいるロッカーの利用だ。

ピックアップにおける重要ポイントは、「ロッカーが無数に並んでいる」ということ。

ここにいる案件は、来たばかりで荷物をしまおうとしている子、あるいは帰ろうとして荷物を出している子のみだ。

来たばかりの子は、atomという肉食系の巣窟のようなクラブの洗礼をその日はまだ受けていない子だ。渋谷の中でも特にatomは、かなり際どいナンパが多い。本当にひどい奴は、人ごみに乗じて女性の尻を触ったり、痴漢まがいの行為をする。

この部分は、比較的、ジェントルマンが多い六本木のV2等とは大きく異なる点だ。そんな環境下に長時間さらされておらず、atomで楽しもうと期待に胸をワクワクさせている女性が、前者(来たばかりの子)の主な心理状態だと言える。

ここに対するアプローチ方法は2つある。一つ目は、とにかく内部の劣悪な環境を伝え、クラブから出ることを促しながら、自分たちの楽しさを伝えつつ近所で一緒に飲むことを打診する手法。

もう一方は、ロッカーに荷物を入れようとしている間にとにかく和み、他のコンペティターに触れる前に早期囲い込みをし、ホールド、連れ出しの流れに持っていく手法だ。

kitagawaは、そんな「atomに来たばかりの子」に対するアプローチの手法を、5階のエレベーターホールで整理していた。

そのとき、ちょうどエレベーターに乗ろうとしていた素敵サンタを発見した。即座に和み、腕を組む。話を聞くと、どうやら帰るところらしい。そのまま一緒にエレベーターに乗り込む。

「atomから帰ろうとしている子」

この属性の子へのアプローチは簡単だ。空気感をなるべくシンクロさせ、「自分もちょうどでるところ感」を出していく。「え?まじで?そうだよね。俺もそうなんだよ。じゃあ一緒に出て飲み直そう。」的に。これは、V2のダンスフロア入り口のロッカーでも有効かつ、kitagawaもたまに使う手法だった。

飲みの打診をしてみる。彼女たちは、このあとに行く場所があるらしかった。キス・クローズへ。kitagawaはサンタなのにkissのプレゼントを頂いてしまった。本日2件目の即案件だった。即日ブーメラン狙いでLゲをした。

2015-12-25 01.06.03

彼女たちを出口まで見送った。依然として、案件を見つけられずにいた。果たして、kitagawaはジングルベルの鈴の音を鳴らすことが出来るのか———?

Chapter 4 〜ジングルベル・ストーリー〜

ロッカー付近で和んでいた素敵サンタとはキス・クローズに終わってしまった。

「一旦上まで戻ろう」

kitagawaは独り言のように言った。小山は頷き、上りのエレベーターに二人で再度乗り込む。

5階フロアに戻り、再度サージング。案件は?居ない。

「一度ぐるっとサージングして、案件がいなければストろう。」

どちらともなく、そんなことを言った。

そうこうしているうちに、アモッキングをして和んだ案件と再会した。そして、何故かその男性と、スト7の案件と4人でクラブを出る流れになった。今度は、kitagawaがそのスト7案件と深く和みながらatomを後にした。atomから左手に坂を下り、ドンキ前までダラダラと和みながら歩いた。時間にすると数分だったろうか。自己開示をしつつ、彼女の深層心理を探る。

「へー、そうなんだ。実は私も…あ、ううん、やっぱいいや。(笑)」

彼女は、何かkitagawaに隠している様子だった。その正体が何かは掴めずにいた。

彼女と小山の和みは十分なはずだった。それは、彼女の連れの男性をアモッキングしながら、横目で小山たちの深い和みを見ていたので明らかだった。

スト7と和みながら、kitagawaの中である一つのストーリーが産声をあげた。大胆かつ、緻密に計算されたストーリー。

「じゃあこの辺で解散ですね。」

ドンキ前でkitagawaが言った。スト7の彼女は、連れの男性のことをなんとも思っていないことは会話の中から既に引き出していた。

そのまま、二人を見送り、atom前の坂の方へ歩き出す。atom坂4step理論を展開するためだ。

それと、同時に即日ブーメランも狙っていた。kitagawaの携帯にメッセージの着信があった。先ほどの連れをアモッキングした素敵サンタ7からだ。

2016-01-02 19.23.02

先ほど脳内で思案したストーリーに入りつつあった。小山と歩きながら作戦を共有する。小山は、彼女と十分に和んでいた。しかし、kitagawaは彼女とatomを出てからドンキまでの道のりでしか和んでいない。kitagawaの思案するストーリーを成功させるには、小山の協力が必要不可欠であった。

kitagawaと小山のピックアップは、少し方向性が違った。高いビジュアルと、軽妙なトーク、そしてロマンティック溢れる色恋を根底においた手法で、女性を魅了するタイプの小山。それに対し、どちらかといえば恋愛よりも尊敬させるステージにあがってもらい、「一緒にテニスをやろうぜ」的な軽快なフットワークでセクまで持っていくタイプのkitagawa。

彼女とのセクをより確実に展開するには、まずkitagawaが先に彼女を攻める必要があった。小山はきっと失敗しない。しかし、小山に色恋要素が少しでもある以上、これ以上セク等により肉体的な結びつきからメンタルにもその繋がりを波及させることで、kitagawaのギラが阻害されてしまう確率が高まる懸念があった。

そのことを端的に小山に伝え、チームとしての勝利をより確かなものにする必要があったのだ。小山はとても聡明だった。すぐにkitagawaが意図してることを理解し、自分が何をすべきかを悟った。

「30分で決める。」

kitagawaが小山に言った。小山は頷くと、二人はそれぞれの道に歩を進めた。そうこうしているうちに、ドンキ前に彼女がついた———。

Chapter 5 〜プロvsプロ〜

kitagawaが思案するストーリーは、そのゴールに向けて着々と動きつつあった。キャストはkitagawa、小山、素敵サンタ7。

トナカイではなく、真っ黒なタクシーに乗って彼女は再びkitagawaの元へやってきた。

「あいつ最高にキモいんだけど!むちゃくちゃ嫌だった。」

彼女は、到着するなり、開口一番、kitagawaに愚痴を言い放った。話を聞くと、どうやら、一緒にいた男性に彼氏ヅラをされて本気で気持ち悪かったらしい。kitagawaは笑いながら彼女をなだめた。

「シャンパンでも飲もか。なんといっても今夜はクリスマスだし」

kitagawaはにこやかに、そして落ち着いた態度で彼女に接した。彼女から腕を組んでくる。強いIOIを感じた。

「そんなにセックスしたいの?」

kitagawaは笑いながら言った。これには伏線があった。atomからドンキ前の道まで彼女と和んだ際に、恋愛遍歴引き出しルーティーンから、お互いのセックス感について語っていたのだ。kitagawaは彼女に経験人数が2000人程度いること、手○ンが凄まじく上手いことを告げていた。

「今まであった中で、最高のセックスを想像してみて。…想像した?それ以上に気持ちいいよ、きっと。」

そんなトークを事前にしていたのだ。彼女はまんざらでもなさそうだった。これを女性にカミングアウトするのは2度目だ。彼女には何故だか話しても大丈夫な気がした。理由は「雰囲気」としか言えないのだが。

腕を絡みつけてくる彼女は、徐々にエスカレートしてきた。マンションの前までもうすぐ、というところで彼女は不意に抱きついてきた。そして、キスを求めてきた。kitagawaは勝利を確信した。

「50回くらいでいい?イカせるのは。」

kitagawaは彼女の目を見つつ、微笑みながら言った。彼女は照れて笑っていた。そのままノーグダでマンションへ。

2015-12-25 03.11.21

お気に入りのシャンパンを開けた。シャンパン・セレブレーション。彼女はとても美味しそうにそれを飲んだ。

言葉はいらなかった。そのままセクにシフト。何度も果てる彼女を見ているのが楽しかった。純粋にセクを楽しんでいる素敵サンタとkitagawaがそこには確かに存在した。

2015-12-25 10.55.31

数十回かイかせたところで、小山からちょうどLINEがきた。チェンジの時間だ。

オートロックを解除し、小山が入ってくる。kitagawaは何気なくその場からフェードアウトする。すぐさま小山がセダクション・フェイズ(セクへ移行する最終段階)へシフトするのを、バスルームに移動する背後で感じた。数十分の出来事だった。kitagawaがシャワーを浴び、歯を磨いている間に、小山はきっちりとゴールを決めていた。我々が勝利した瞬間だった。

「kitagawaの作戦勝ちだね。」

小山がボソッとkitagawaだけに聞こえるように耳元で囁いた。

そのまま、三人で仲良く就寝。小山は翌日朝から仕事があったので、朝早くにkitagawaのマンションを出て行った。翌日休みだったスト7の彼女と、午後からの出社だったkitagawaは同じベッドでまだ夢の中にいた。

朝方、再度彼女はkitagawaにセクを求めてきた。断る理由もなかったので、そのまま流れに身を任せる。事が終わり、彼女が昨日言えなかったことに関しての答えを求める。

「そういえばさ、昨日、”やっぱいいや”って言わなかったことあったじゃん?あれってなんだったの?」

kitagawaはさりげなく彼女に問う。

「実はさ、AV女優なんだよね(笑)」

彼女は少し躊躇ったあとに、照れくさそうに言った。kitagawaは、なんとなくセク中に思っていたことが現実となった。彼女はプロだったのだ。

kitagawaは手○ンをすると、指先の感覚でその女性が恒常的にセクを生業としているかどうか、つまり、プロかどうかが高確率で分かる。いわゆる、マ○コソムリエだった。不特定多数とセクを恒常的にすると、外部からの刺激や細菌の関係等で膣内の状態が変化する。内部の壁の上の方が、何となくザラザラとした感じになるのだ。

kitagawaは風俗には行かないが、過去にとあるピックアップでゲットした風俗嬢とセクをしたことがあった。その行為の中で手○ンをしたときに、今まで感じたことがない女性器内の違和感を感じた。そして、そのとき感じた”違和感”は他の風俗嬢とのセクにおいても、同様のものを何度も感じられたのだ。この女性器内の質感には、ある種の法則性、一貫性があることに気づいた。

そんなことをぼんやりと考えながら、彼女と過ごす残り少ない時間を楽しんだ。

「またね。」

笑顔でそういう彼女を、微笑みながら無言で頷き、玄関先まで見送った。kitagawaは彼女とまた会う気はなかった。何故ならば、彼女は小山のお気に入りだったし、kitagawaは性を仕事にしている女性が好きではなかったからだ。きっと、彼女は小山にもっと素敵に調教されていくのだろう、とも思った。

そんな未来のエピソードを、小山からのワクワクするような報告を心待ちにしながら、仕事に向かうためにネクタイをキュッと締め直した———。

ーENDー

エピローグ

クリスマス・イブは聖なる夜でもあり、性なる夜でもある。そこら中のラブホテルというラブホテルが満室になり、近藤さんの消費量が年内で一番高まる日。それがクリスマスだ。

今年もここで同じチームの仲間たちと共に結果を残せたことは、kitagawaにとって大きな誇りでもあった。

恋愛工学を極めようとし、女性を魅了するという行為を独自の視点で日々探求していく。その過程で出会う様々な女性が存在する。kitagawaが熱中してプレイするこのゲームは、まぎれもなく、そんな素敵な相手ありきだ。

対象となる女性は、その年まで様々な経験を経て、美しく成長し、男性を魅了する知性と美貌を兼ね備えて、kitagawaの眼前に現れる。クラブでいきなりキスをする子もいれば、素敵なサンタのコスチュームで誘惑してくる子もいる。

そんな女性たちと対峙するときは、「kitagawaのために美しく成長してくれてありがとう」とすら思う。そんな考えに至るkitagawaは、あるいは歪んでいるのかも知れない。しかし、そんな自分は決して嫌いではなかった。

クリスマスが終わった次の日の深夜にそんなことをただ呆然と考えながら、見もしないテレビをベッドの上でぼんやりと眺めていた。

不意に睡魔が襲ってきたかと思うと、すでに現実なのか、あるいはもう夢の世界なのか、瞼に閉ざされた真っ黒な世界だけが辺りに広がっていた。まどろみの中で感じるシャンパンの甘い香りに誘われながら、ジングルベルの鈴の音が耳のずっとずっと奥深くの方で、シャンシャンと聞こえた気がした———。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です