ペアーズレポート 1-1

希望を持たずに生きることは、

死ぬことに等しい。

- ドストエフスキー

Chapter 1 ナンパとピックアップと出会い系

「kitagawaは『ペアーズ』って知ってる?今やっているんだけど、どうも思うように成果がでなくって…」

kitagawaにそんな質問を投げかけたのはPMMCのメンバーである、テツだ。彼は悩んでいた。

「ペアーズ案件は、やれない。」

彼が吐き出した、呪いにも似た言葉だ。そんなことってあるか?同じ人間だろ、とkitagawaは心の中で思った。

このとき、kitagawaはペアーズのシステムをあまり理解していなかった。所詮、ただの出会い系だろう。そっちの筋の人たちにネットナンパは任せておけばいいし、そこはkitagawaの土俵ではない、とさえ思っていた。

しかし、直属の教え子のテツの頼みだ。

「kitagawa、やろーよ。てか検証してくれ。」

と、三顧の礼にも押され、重い腰を上げるに至った。kitagawaには少々、ネットナンパのノウハウがあった。

以前、スタービーチ(通称:スタビ)という出会い系サイトが一世を風靡した。kitagawaも、その波に乗っていた一人だった。そこに始まり、モバゲー、アメーバ、mixiなどのSNSでも乱獲していた時代もあった。

そんな経験から、ネトナンにおいても少なからず腕に覚えがあった。ネトナンで重要なことはいくつかある。まず、最も大事なのは、写真を含めた「プロフィール」の作り込みだ。これは、兎にも角にも、盛る。盛りの一手につきる。ただ盛るのではなく、「本当のこと」の上に砂で山を作るイメージだ。

当たり前のことだが、メッセージの交換がゴールではない。自分の貴重な時間を女性に切り売りする以上、しっかりアポを取り付け、オフラインで会い、セクをするところまで駒を進めなければならない。タイムリソースは1日24時間、誰しもが平等に分け与えられており、その限られた時間の中で、不毛なメッセージのやり取りに終始するのはナンセンスだ。

美しい女性には、時間とお金をかけるに値する価値がある。彼女たちは、生まれながらにして得た美貌はもちろんあるが、後天的に身に付けた知性、あるいはボディラインの維持に関しては、当人の努力以外の何物でもない。そして、PUAと呼ばれる男たちはそれらをすべて理解しているか、もしくは感覚として認識している。

大昔に考えていた、そんなことを思い出して感慨に浸っていたら、ペアーズから1通のメッセージがきた。(ペアーズでは「いいね」というシステムがあり、男女ともに「いいね」をしないとメッセージの交換すらできない。とあるサイトにいいね数に関してのレポートがあったが、男性のマックスがいいね数150オーバーでほとんど存在せず、その状態をレベル9と定義付けていた。)

kitagawaはペアーズのアプリを隅々まで見渡し、また、PC用ブラウザ版に関しても、抜かりなく一通りシステム全体をいじってみた。その過程でいいね数は着実に伸びていった。

そんな中、ある一人の女性からLゲ打診がきた。はじめて間もない頃だった。

2016-02-27 15.01.29

ー続くー


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です