ナンパの声掛けの練習の仕方について

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

三寒四温と申しますが、読者の皆様におかれまして益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は声掛けの練習の仕方についてのエントリーです。ナンパにおいて、最初にぶつかる壁、それは声掛け。

「なんて声掛けすればいいんだろう・・・」

「シカトされたら精神的に辛い」

「うまく行くビジョンがまるで見えない。」

などなど、声掛けをするにあたって、目に見えない様々な障壁があると思います。kitagawaがオススメしたい練習方法があります。

それは、段階を踏んだ「教習所方式」の声掛け方法です。まず、オススメしたいのが「待ち合わせオープナー」による声掛け。

こちらは案件が立ち止まっているため、単純に歩いている案件に比べて非常にオープンしやすいです。ですので、メンタルを削られるリスクを極限まで抑えられ、特にナンパ初心者にオススメの限定環境オープナーです。

次に、店内での声掛けです。「待ち合わせ」オープナーである程度成功体験を積んだら、「周辺環境」オープナーによる練習をしていきましょう。ダブルバインドによる手法で、二択を迫る質問を投げかけるのがオススメです。雑貨屋などのお店で買い物を楽しんでいる案件は、足を最初から止めている場合が多いですから「待ち合わせ」に近い状況での声掛けができます。

上記二つの練習が済んだら、最後に路上で歩いている案件に声をかけてみましょう。足を止めるのが一番難しい部分なので、平行トーク(女性と並んで歩きながら声をかける)をしながらオープナーを投げてみてください。まずは足を止めさせるところからはじめると良いでしょう。あまりにしつこいと、つきまとい条例に引っかかってしまうので注意して下さい。女性に対する最低限の気遣いは常に忘れずに。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です