2016年03月23日 一覧

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 10〜

本日のエントリーは…

ナンパとピックアップと熱海

ナンパとピックアップと熱海②

ナンパとピックアップと熱海③

ナンパとピックアップと熱海④

の番外編になります。

そして、こちらのエントリー

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 1〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 2〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 3〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 4〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 5〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 6〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 7〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 8〜

ナンパとピックアップと熱海 〜another story 9〜

 

の続編になります。

よろししければ、そちらからまずご覧頂ければ幸いです。


苦痛こそ生活なのだ。

苦痛がなければ、

いったい人生にどんな快楽があろう。

- ドストエフスキー(小説家)

Chapter 10 ぜんぶkitagawaのせいだ。

彼女の地元の話をしながら、オイスターバーに向かった。

馴染みの店員が迎えてくれる。天使が白いファーコートを脱ぐと、店員が丁寧にそれをハンガーにかけてくれる。椅子を引いてエスコートすると、段取り良く暖かいおしぼりとメニューを運んできてくれた。

「注文いいですか?室津と昆布森を2つずつ。あと、カプレーゼ。それとリモンチェッロ、ロックで2つお願いします。」

kitagawaは笑顔で店員にそう告げた。

室津と昆布森は牡蠣のブランドの名前だ。前者はすごくあっさりしていて、レモンと良く合う。後者はとても濃厚でミルキーな味わいで、ポン酢と良く合った。kitagawaは女性に室津を最初に食べてもらい、昆布森をその後食べてもらうという手法をいつも取っていた。これが、リモンチェッロと良く合う。

リモンチェッロのアルコール度数は30度を超える。ロックで2杯も飲めば、普通は陽気で楽しい雰囲気に自動的になる。そこに恋愛遍歴引き出しルーティーンを挟み込むのが、いつもの常套手段だった。

「kitagawaくんが、今のお仕事している理由って何?」

途中、恋愛観から人生観へ話が逸れた。これはチャンスだ。COD。今年2回目の発動だ。話終わる頃には、彼女の目は少しうるんでいた。尊敬から敬愛、愛情へシフトチェンジし始める歯車の音が聴こえた気がした———。

「牡蠣のクリームアロスメロッソ下さい。」

つまみが無くなってきたので、もう一品注文を入れた。天使は2杯目のリモンチェッロを飲み干し、丸いグラスの中で真っ赤なサングリアを揺らしていた。

アロスメロッソとはリゾットのようなものをイメージして頂けると分かりやすい。kitagawaがこのタイミングでこれを注文したことには意味があった。この料理は注文してから来るまでに約30分弱かかる。天使の終電の時間から逆算して、これを食べ終わるころには間違いなく終電が終わる。そこまで、時間を忘れるほどに彼女を楽しませ、そして安心感を与えることがkitagawaの役目だった。

泊まる泊まらないの話は一切していない。「気付いたらそうなっちゃった。」という言い訳を彼女に作ってあげる。彼女はだらしなくはない。悪いのは全部kitagawaだ。ルーティーン「ぜんぶkitagawaのせいだ。」

そんな空気感。

ー続くー


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。