1、課題点はどこにあるのか?

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

前回、ナンパで結果が出ないときに試して欲しい9のこと

についてのエントリーを記述していましたが、出しっぱなし散らかしっぱなしになっていたので、掘り下げて参ります。

本日は、

1、課題点はどこにあるのか?

についてです。

厳密に自分の課題点、上手くいかない理由を省みたことはありますでしょうか?

実は、自分が当たり前だと思ってやっていることでも、大きな間違いやロスを生んでいるかもしれません。というか、アクションを起こしているのに結果が出てない人は、必ず手法がどこか間違ってます。

そして、そもそもやっていない(絶対量が少ない)人は結果検証以前の話です。やってください、としか言及できません。

もっというと、別にやらなくてもいいんですよね。ピックアップなんていうのは、何の責務もない訳ですから。誰かに強制されてやるものでもないですし、自分がやりたいからやる、というスタンスだと思います。ナンパしないと死ぬ、なんてことはまずありえないシュチュエーションですしね。

話が脱線してきたので、元に戻します。

課題点を模索する上で重要なことは、

1)自分の行動言動を客観視すること

2)女性の本音を引き出すこと

3)上記2点を踏まえ、トライアル&エラーを繰り返すこと

以上3点です。

1)に関しては、具体的には自分よりスキルが上であろう誰かにアドバイスをもらうと良いです。そのときは、LINEでのやり取り、会話内容、女性側の反応、などを明確に記録しておくと尚良いでしょう。

記憶媒体は、ボイスレコーダーを推奨します。kitagawaは左記リンクのpanasonicのものを使用しております。オススメは対話モードでの記録です。胸ポケットにもすっきり収まり、集音力やPCとのインターフェイスもストレスなく円滑に行えます。

2)に関しては、成功要因失敗要因の分析がそれぞれ大切です。成功要因はセクの後(sexの向こう側の世界)で聞くのがベスト。失敗要因もデートが終幕を迎え女性を送り出す直前が良いです。どうせ無理なので、ストレートに格好付けずに聞いちゃってください。そのナレッジが次回に必ず生きます。

3)これができないで、自分の凝り固まった手法にいつまでも囚われて結果が出ないと嘆いているのはただの阿呆です。必ず、すべての原因は自分の中にあります。このスタンスを持っていなければ、真の意味で女性を楽しませることは(一部の天才を除いて)難しいです。

何事も自責として捉えるマインドが成長する上で最も大事です。

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です