3、オープナーは適切か?

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

今日の東京はポカポカして気持ちが良い春の陽気に包まれていますが、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、前回ナンパで結果が出ないときに試して欲しい9のこと

こちらについてのエントリーを記述していましたが、出しっぱなし散らかしっぱなしになっていたので、掘り下げて参ります。

本日は、

3、オープナーは適切か?

についてです。

そもそも、オープナーって何?という方がいらっしゃいましたら、まずはじめにこちらの記事をご一読下さい。

オープナーを大別すると、間接法と直接法があるのは皆様ご存知の通りですね。

まず、前提として知っておいて頂きたいのが、

チョイスするオープナーでオープン率は変わる

ということです。

「なんかガンシカ多いな〜・・・」と感じている人は、このファクターの見直しが必要な場合が多いです。

そして、同じオープナーを使っても、人によって出る成果が異なります。

それは…

1)発声のタイミング

2)間合い

3)服装(雰囲気)

以上の3点に起因します。

1)の発声のタイミングというのは、「相手との呼吸を合わせる」というものに近いかも知れません。例えば、時計を見ながら明らかに急いでいる人は誰がどう見ても声をかけるタイミングでは無いですね。

それでは、問題。

イヤフォンをしている人

こちらはどうでしょう?

実は、声をかけて良い対象です。何故か。高確率で一人、かつキャッチやスカウト、他のナンパ師が避ける傾向にある案件だからです。特にLOFTやショッピングモールなどの店内で、イヤフォンをしながら商品を見て回っている人は狙い目かもしれません。

2)の間合いというのは、パーソナルスペースを意識してほしい、ということです。人間には、これ以上踏み込まれるとストレスを感じる距離というものがあります。満員電車な大変混雑した環境ですら、目の前におっさんの顔があったら嫌ですよね。

3)の服装は、オープナーと連動して考えてみてください。その服装の人がそんなことをいうのは違和感はないかどうか。ナンパは、できる限り違和感を消すことが重要なファクターの一つです。明らかに「オッス、オラ、ナンパ師!」みたいなメンズには、余程アレな女性でない限りついて行かないですよね。

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です