2016年05月13日 一覧

仙台ナンパ旅行記 〜みちのくナンパ珍道中 vol.4〜

本日のエントリーは前回の

仙台ナンパ旅行記 〜みちのくナンパ珍道中 vol.1〜

仙台ナンパ旅行記 〜みちのくナンパ珍道中 vol.2〜

仙台ナンパ旅行記 〜みちのくナンパ珍道中 vol.3〜

こちらの続編になります。よろしければこちらからご覧ください。


楽観主義者はドーナツを見、

悲観主義者はドーナツの穴を見る。

- オスカー・ワイルド(詩人)

Chapter.4 狂気と快楽の中で

充分和んで、仕上がっていた様子ではあった。杞憂に終われば良いのだが。

 

彼女たちがトイレから戻ると、ロッカーからそのまま荷物を出す流れに無事持っていけた。それぞれの担当をしっかりホールドする。

そのままエレベーターで一階まで下り、少し歩きながらマンションの方へ向かう。やはり、歩くには距離があったため、途中でタクシーを拾う。OL7を先に後部座席に詰め込み、kitagawaが続いて乗り込む。小山が乗り、最後にロンスカ6が乗り、後部に4人乗る流れにする予定だった。

しかし、運転手に促され、ロンスカ6は助手席に座ってしまった。最近の小山とのピックアップにおいては、後部座席に4人乗る「すし詰めルーティーン」が流行っていた。

そのルーティーンは不発に終わってしまったが、充分和んでいるので大して問題ではなかった。kitagawaが運転手に住所を告げる。ワンメーターで到着し、そのままマンションへイン。

 

少し和みつつ、疲れたから寝よう、と提案。ノーグダ。それぞれのベット(このマンションには4つのベッドがあった)でギラ。形式グダ

 

「疲れたし汗かいたからシャワー浴びてくる。」

 

kitagawaはそう言いながら、ロンスカ6を誘ってシャワーへ。ここでパートナーチェンジするためだ。バズルームは部屋の中にはなく、他の階にあった。

 

バスタオルを持って、エレベーターで移動する。脱衣所で服を脱ぎ、ロンスカ6と共に二人でバスルームへ。浴槽にお湯が溜まってなかったので、体を洗いながら溜めて待っていると、ロンスカ6が手でハンドソープを泡立ててkitagawaジュニアを丁寧に洗ってくる。負けじと応戦。

 

「中もちゃんと綺麗に洗わなきゃね。」

 

kitagawaはそう言いながら自分の手についている石鹸を軽く洗い流し、彼女の中へ優しく指を滑らせた。石鹸がついている状態で女性器を触ると、ヒリヒリして痛いらしいのは経験上分かっていたので一応気を遣ってみる。

段々とヒートアップしてきて、二人はボディソープや汗やよくわからない液にまみれた。近藤さんを装着し、一回戦終了。お湯は溜まり切り、浴槽から溢れ出ていた。

 

丁寧に体を拭き、部屋へ戻る。

 

「いつもこんなことしてるの?」

 

ロンスカ6が言った。kitagawaは笑いながら首を傾げた。PUAは質問には答えない。

 

2016-05-03 05.25.37

 

ことが終わり、彼女たちを見送る。小山が全裸だったため、kitagawaが彼女たちを外まで丁寧に見送った。楽しい時間をくれた彼女たちに感謝しながら。

 

「よし、ここからまたストろう。今がめちゃくちゃ熱い時間。」

部屋に戻ると、小山がとんでもないことを言い出した。時計の針は、朝の5時を指していた。チームで、計4即している。体力はお互いに限界に来ているはずだ。

 

正気、、、なのか?

 

「わかった。行こう!」

 

kitagawaも最後の力を振り絞り、ストに出ることにした。あとは野となれ山となれ作戦へシフト。

 

ちょうどその時、kitagawaがサングラスを仙台まで一緒に来た友人(not PUA)の車に忘れてきたことに気付く。連絡を取ってみると、今なら合流できるとのことだった。ストをしながら駅前方面に向かう。人が居ない。渋谷のそれとは全く異なった空間が眼前には広がっていた。

 

しかし、朝の空気は渋谷よりは断然澄んでいた。さすが、杜の都、仙台。無事にディズニーストア前あたりで友人と合流を果たした。ここで一旦小山とはお別れ。彼は少しの間ソロで活動するという。

 

そのままkitagawaは友人と駐車場へサングラスを取りに行き、思い返してみると先日の昼から何も食べていなかったことに気付く。ほとんどの店が閉まっていたので、牛丼屋に入ってマッタリしていると、小山から連れ出しのメッセージが着信する。

 

kitagawaが眠さと疲れが限界な旨を告げると「いつでも戻ってきて大丈夫。」とのこと。

 

どういう状況かあまりわかっていないまま、マンションまで帰宅。女子が寝ていた。キャバ風のショートカットのスタイルが良い感じの子だった。

 

小山がコンビニへ出るという。なんてゆとりなパスだ。

 

自分のベッドに女子を呼び寄せ、腕枕からのフレグランス・ルーティーン。形式グダ。即。一度崩壊した貞操観念は2度とは戻らない。

 

2016-05-03 10.27.30

 

小山が戻り、隣でワチャワチャやっていたが、kitagawaは既に夢と現実の狭間を彷徨っていた。

 

朝、10時くらいに目覚めると、小山はソファーで目を閉じ休息していた。女子はもう居ない。

 

「おはよう。」

 

どちらともなく、そんな声がけをしながら、固い握手を交わす。

 

 

こうして、長かった仙台の1日が幕を下ろした。

 

2016-05-03 11.08.27

—END—

チーム戦績@仙台 kitagawa&小山

トータル即:6即

所要時間:9h(21時 〜翌6時)


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。