ELE TOKYO

あまり大きな声では言えない東京のクラブ情報その5

ELE TOKYO

ー基本情報ー

URL:http://eletokyo.com

所在:麻布十番

麻布十番にある唯一の大箱。地下鉄麻布十番駅の7番出口を出てすぐ左手。渋谷からタクシーを使うと深夜料金込みで1600円程度。

フロア構成は1階がエントランス、奥にクロークやロッカー、まったりできるソファーやラウンジのようなこじんまりしたスペースになっている。ちなみに、ロッカーはめちゃくちゃ小さいので、女子が普段持つような中サイズ以上のバッグは基本はクロークに入れることになる。

地下1階がメインフロア。トイレやダンスフロアもここ。週末は混みまくりで、トイレ周辺から階段下奥のバーカウンター界隈はかなりの熱気。(リアルに熱い)階段を下り、正面にバーカウンターがあり、その上にVIPがある。

ークラブ・ステータスー

競合     :★★★★☆

持ち帰り易さ :★★★★☆

価格     :★★★☆☆

女子の質   :★★★★☆

説明

競合値は意外に目立ったナンパ師もあまり存在せず、比較的ブルーオーシャン状態でることで4とさせて頂きました。主なコンペティターはイケてるハイスペリーマンになります。彼らと競合しない立ち回りをするのも手の一つ。

持ち帰りやすさも割と高め。六本木によく出没する、クラブ遊び慣れしている子の割合が比較的低いです。割と流動性があるクラブなので、初心者的な案件にフォーカスしていけば成果も出やすいでしょう。

価格に関しては、平日は2,000円、金土祝前日は3,000円なので、六本木界隈のクラブでは普通レベルでしょう。また、週末エントランスが混みすぎている場合は6,000円にてファスト・パスなるものを発行してもらます。

女の子の質に関しては、学生から30代くらいまでと幅広いです。入って案件をサージングしていると、渋谷よりも落ち着いているイメージを受けると思います。週末はカワイイ子も多いです。(2016.5月末現在、V2が改装中のためスト高案件が流れていると想像できます。)

ー基本的な立ち回りー

基本は地下1階の階段前からバーカウンター前にかけて、あるいはダンスフロアにかけて声をかけるのがセオリーです。

階段前からバーカウンター前にかけては人の流れがあるため、3秒ルール遵守で案件を見た瞬間にアプローチをかけるのがいいでしょう。

また、ダンスフロアに関しては音楽に合わせて横揺れやダウンのリズムを身体で刻みながら笑顔で楽しそうにアプローチをするといいです。女性側が微笑んでくれたらオープンのサインです。

週末は特に案件の母数も多いので、初心者は数で勝負していく戦術がオススメです。

また、地下1階は音楽のボリュームが大きく、会話が聞こえにくいため、和む場合はバーカウンター前、あるいは1階のソファーまで持ち出し、じっくりと和むのがいいでしょう。長期戦になってしまいそうな場合にも、なるべく体力の温存をするためにソファーでの和みが合理的です。

連れ出す場合には近くにホテルなどの施設がほぼないため、渋谷までタクるのが良いでしょう。麻布十番は南北線と大江戸線しか乗り入れていないため、ほとんどの案件が朝方帰るときに乗り換える必要があると思います。連れ出す文言の中に、相手の帰り易さのメリットを提示し、渋谷連れ出しをするのも場合によっては使える手法の一つです。

以上になります。また、クラブ記事に関しては定期的に更新していきます。


最終更新日 2016.5.22


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です