東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.3〜

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。初夏の風に肌も汗ばむ頃、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は前回に引き続き東京湾納涼船ナンパについて語っていきたいと思います。

前記事:

東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.1〜

東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.2〜

まず、この場所でナンパをする上で気をつけることが幾つかあります。

1)自分は浴衣を着るべきか否か 

2)浴衣っ子をナンパする上でのリスクとは? 

3)どんな層がいる市場なのか?

4)どんな層をターゲティングすれば良いのか?

5)適切なタイムリソース配分例とは?

6)納涼船ナンパで持ち出すためにすべきこと

納涼船ナンパを成功へ導くために、ざっと思いついただけで発信したい上記6項目がありました。

こちらを掘り下げて発信していきます。

前回1)について記載させて頂きました。

本日は2)に関してです。浴衣っ子をナンパする上でのリスクとは?

これについて言及してまいります。

夏には数多く巷で散見される風物詩ともいえます、浴衣っ子。夏祭りや花火大会の日には特に溢れてますよね。

東京湾納涼船にもわんさかいるんですよ。

とにかく浴衣が着たい系女子、あるいは皆が着るから私も着ようかな系女子。まあ、着ている状況は様々です。

で、共通して言えることが、「私服の子に比べて若干持ち出しづらい傾向にある」ということです。理由はなんとなく分かる読者様もいらっしゃるかと思います。

・疲れるので家に帰って早く脱ぎたい。

・一度脱いだら自分で着れない。

・帯が着崩れたら一人じゃどうにもならない。

・草履が靴擦れして痛すぎる。

etc…

まあ、上記のようにグダられる理由は色々出てきますよね。それでも、前年は浴衣っ子をお持ち帰りしましたが。

IMG_2766 IMG_2767

通常、可能性は下がりますので、結果にこだわる方にはあまりオススメはしません。(たしかに浴衣脱がせプレイは魅力的です。たくし上げてのバックなどは浴衣から臀部にかけてのフォルムが秀逸で、美しさすら感じますが。)

結果>フェチ ならば 普段着の女子。

結果<フェチ ならば 浴衣女子を狙うのもあり。

そんな感じでまとめさせて下さい。笑

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です