東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.4〜

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。初夏の風に肌も汗ばむ頃、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は前回に引き続き東京湾納涼船ナンパについて語っていきたいと思います。

前記事:

東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.1〜

東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.2〜

東京湾納涼船ナンパ 〜船上のピックアップアーティスト2016 vol.3〜

まず、この場所でナンパをする上で気をつけることが幾つかあります。

1)自分は浴衣を着るべきか否か 

2)浴衣っ子をナンパする上でのリスクとは? 

3)どんな層がいる市場なのか?

4)どんな層をターゲティングすれば良いのか?

5)適切なタイムリソース配分例とは?

6)納涼船ナンパで持ち出すためにすべきこと

納涼船ナンパを成功へ導くために、ざっと思いついただけで発信したい上記6項目がありました。

こちらを掘り下げて発信していきます。

前回 2)について記載させて頂きました。

本日は3)に関してです。

どんな層がいる市場なのか?

これについて言及して参ります。

まあこれは本当に多種多様ですが、「乗船する曜日と時期」これが内在する案件のカラーを決める最重要ファクターになります。

狙う層としては、OLや女子大生あたりがボリュームゾーンになってくると思いますが、例えば女子大生に関して言えば、7月はまだテストや学校がある時期です。多くの私大(あるいは国立)は8月から休みに突入すると思いますので、8月以降から9月中旬くらいまでの平日の夜はそういった女子大生が結構いたりします。サークルなどの団体がいる場合も多くあります。

その場合はその集団の中でターゲットを絞り活動する必要があります。JDは横のつながりというかネットワークが凄まじいので。

逆に、夏休みということもあり、家族づれなどが多く流入してくるのもこの時期からです。また、OL系のお姉さま方が多いのはやはり金土の夜です。職場の仲間達と来てる場合もありますが、女性だけのセットも結構います。職場の男性と来ている案件の場合でも、日和らずに話しかけてみるのは大いにアリです。

その場合は、まずセットにいる男性とまず仲良くなるのがセオリーです。そこを糸口にLゲしていきましょう。難しそうな案件の場合は、そのセットにいる男性に協力を依頼するのも良いと思いますが、その男性の人間性を見極めることを事前にしておかなければ、足を引っ張られたりそのアクション自体が裏目に出てしまうこともあるので注意してください。

また、案件の母数は

金曜>土曜

の傾向が強いです。

平日の中では比較的、木曜が案件の母数が多い傾向があります。理由はよくわかりませんが、データ上そういうことです。

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です