ナンパとピックアップとインフォームド・コンセント vol.1

You’ll never find a rainbow if you’re looking down.

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。

— Charlie Chaplin (俳優)

Chapter 1 邂逅

それは、ある暑い日の夜のできごとだった。その医療に携わる彼女と会うのは、二回目だ。初めて彼女と会ったのは、渋谷の道玄坂だった。

持ち物から、彼女が何らかのハイステータスな女性だということは、容易に想像できた。駅までの短い並行トークから、何気なくLゲした案件だった。

ほぼお互いのパーソナルデータは知らなかったし、積極的に知ろうとも思わなかった。知っているのは、名前と職業、何となくの住んでいる場所のみだった。kitagawaは、彼女の名前さえ忘れていた。それほどまでに和んでいないのだ。そんな彼女のスト値は7。

ぬめりと湿気を帯びた風が、kitagawaの頬を厭らしく撫でた。小山と電話しながら、いつものように待ち合わせ場所へ向かう。坂を下り、彼女の待つカフェの前に向かう。

「着いたよー」

そんな旨のメッセージをLINEで送る。店内の一人の女性と目が合った。kitagawaはその顔に見覚えが合った。彼女だった。

白いレースのワンピースに濃紺のカーディガン。髪を耳にかけ、大きめなパールのピアスを耳元から覗かせていた。

「なんか今日はもう疲れちゃった。」

彼女は簡単な挨拶を交わすと、笑いながらそんなことを言った。

即のサイン・・・なのか・・・?

「DVDでも見てマッタリしよ。」

kitagawaは笑いながら、彼女にそんな打診をした。彼女はうわべだけの返事をしているように見えた。彼女はとても聡明な女性だ。ただ、そんな彼女と無理に同じフィールドで戦う必要はなかった。自分の得意なフィールド———つまり、ホームの地に彼女を誘い込めばいい。こっちのペースに誘導するのだ。

ことは思いの外、容易に運ぶように思えた。

— 続く —

 


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です