2016年07月05日 一覧

ナンパとピックアップと反省会 vol. 1

こんにちは、kitagawaです。

 

先日の「ナンパ師vs恋愛工学生」の対決の疲れもようやくとれてきました。世間では気温が30度後半になり、いわゆる猛暑日となっている昨今、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は先日の対決の反省を記述していきたいと思います。これからナンパバトルをされる方、あるいは新規参入者や伸び悩んでいる方への参考になれば幸いです。

 

1、ナンパをする場所について

対決当日はこれが指定されていなかったため、kitagawaはホームタウンの渋谷にてピックアップをしておりました。ナンパを普段されている方は、ホームの地がもっとも有利になります。ナンパに使用する様々な場所(ナンパ場所や連れ出し先など)を細密に把握できているからです。

また、バーやクラブなどの施設を前半(〜24時まで)は規制されていたため(そもそも、多くのクラブのオープンは23時ごろですし、その時間からクラブに行ってもストリートよりも効率は悪いですが。)たまにロフトとかマルキューとかで涼みながら、入り口付近で声がけをしたりしてました。人の流れもありますし、何より、涼しい!そして、一人で買い物に来ている女性は総じて暇な傾向が強いです。イヤフォンさして歩いてる女子とか比較的狙い目です。

これにより、だいぶ体力を温存できたと思います。長丁場になるので、ここで省エネ運転できるのは非常に大きい。

 

 

2、ナンパで数を狙うためのマインド

少ないタイムリソースの中で、より多くの案件にリーチするために必要なことは、対象の選定です。「この子、即案件じゃねーな」と思ったら、すぐさま損切りすることが肝心です。たとえどれだけ可愛くてタイプな案件でも。これは勝負です。

ですので、もっとも成果を上げれるのは、理論上、スト値5周辺を狙いにいくことです。

スト値

母数が最も多いスト5。ここにフォーカスすることは、まずもってアプローチ数が伸びます。6もありですが、男性からアプローチされる可能性がより低く、母数もある程度担保できる4が次点でアプローチすべき対象になります。つまり、ストリートで数を追う、最も効率の良い立ち回りはスト値5or4を狙いにいくスタイルです。これがいわゆるストロングスタイル。

ただ、kitagawaは路上で久々にやる気になって、大会開始30分で思ったことが一つありました。

 

「4に行けねぇwwwww」

 

普段、7以上の縛り(悪くても6)をしているため、4に行けない自分がいるのです。勝負だとは分かっていても、足が、口が、大脳の指示を一切受け付けませんでした。

 

これはヤベェ。。。

 

開始30分で負けを確信しました。その旨をメンバーのグループLINEに投稿した写メです。

2016-07-08 16.34.00

 

対戦相手に、酷打ちガチ勢(スト低でもモリモリとメンタルブロックがなくアプローチできる人々)がいたら、100%勝てない。そう確信しました。幸い、そんな人は対戦相手10人の中には存在しませんでした。めでたしめでたし。

 

 

反省会はまだまだ続く!

 

—続く—


 

【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。