ナンパとピックアップと反省会 vol. 2

こんにちは、kitagawaです。

三伏大暑の候、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は先日の対決の反省を記述していきたいと思います。これからナンパバトルをされる方、あるいは新規参入者や伸び悩んでいる方への参考になれば幸いです。

前回、こちら ナンパとピックアップと反省会 vol. 1 にて

1、ナンパをする場所について

2、ナンパで数を狙うためのマインド

の2点についてお話をさせて頂きました。本日は、その続きからのエントリーになります。

3、得意なものを磨き続ける

今大会にて、チームメイトから得たものも数多くありました。その中の一つに「仕上げる」というテクニックがあります。

仕上げる。

「なにそれ?」って感じじゃないですか?ナンパをしている人でも、この言葉の意味を知らない人は数多くいると思います。私もあまり今まで意識して使うことはなかった言葉でした。なぜならばkitagawaは仕上げないからです。

「仕上げる」とは何なのか。それは、「女子のマインドをセックスを許容する状態にまで持っていく」という作業です。これが「仕上げる」ということ。これは、チームメイト5人のうち4人が意識して取り組んでいた作業でした。だからきっと、ナンパ師の多くが積極的に実施している生産性を上げるルーティーンワークのひとつと言えるでしょう。

あるナンパ師は、「仕上げる」のに色(恋愛を彷彿させるような甘い言葉だったり、あたかもカップル同士のような連帯感情を生むような行動の総称)を使い、また他のナンパ師はリフレーミングNLP)により価値観を誘導します。

そんな風に数をこなしていくと、個々の得意とするパターンが生まれてきます。その域にまで達すると、無意識下においても最低限度のクオリティが担保された行動言動が展開できます。

じゃあなぜ、kitagawaは「仕上げる」という作業をしていないのに女性とセックスできるのか?って疑問が湧いてきますよね。これに関しては次の項で説明して参ります。

反省会はまだまだ続く!

—続く—


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です