2016年07月08日 一覧

ナンパ師 vs 恋愛工学生 ガチンコナンパバトル vol.2

本日のエントリーは

ナンパ師 vs 恋愛工学生 ガチンコナンパバトル vol.1

こちらの続編になります。宜しければそちらからまずは御覧ください。

 

 

I will prepare and some day my chance will come.

準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ。

— Abraham Lincoln (エイブラハム・リンカーン/米国第16代大統領)

 

Chapter 2 期待感

KGI:トータル6即

KPI:90声がけ

定性目標:ナンパ技術の向上、新ルーティーンの開発

 

今回のナンパバトルにおいて、そんなスキームを組み立てていた。事前情報により、東西対決にてパスあり、くるくる(所謂セクシャルメリーゴーランド)ありのルールの下、ベストスコアが「3即」であることが分かっていた。

今回のルールは、パスなし、くるくるなしの個人戦で、より厳しい戦いになることが予想できた。しかし、きっと、MAXで3即をしてくるナンパ師が現れる。なんとなくそう思った。

 

今回はレジェンド・女好きさんも出場するし、何よりKDH(ドラちゃんを筆頭とする即系ナンパ師集団。松岡さんもここに属している。)のトップが同じチームでバトルに参戦している。この中の誰かが、きっと優勝争いをするだろう。そんな、確信にも似た感覚があった。

そして、小山。彼はkitagawaと共に幾多の困難な環境でのナンパを乗り越えてきた友人であり、リスペクトすべき偉大なPUAだ。きっと今回も、より多くの女性たちをアナザーワールドへ導くのであろう。

そんな彼らと同じチームを組んで今回のナンパバトルに参戦できるのを、kitagawaは誇りに思った。と同時に、周りからの期待感が心地よいプレッシャーとなり、ほどよい緊張感に包まれていた。

 

ナンパバトルプロローグ音声&裏ナンパ師チームメンバー紹介

ツイキャス.001

 

7月2日、土曜日。17:00。

 

その日は仕事の予定があったが、調整をして足早に職場を後にした。ハチ公改札を抜けると、渋谷の街は選挙の演説で人が尋常じゃないほどごった返していた。うだるような暑さの中、人混みをかき分けていつもの二倍の時間をかけ家路に着いた。

 

 

17:30

 

リアルタイムにその時の心境を音声に綴った。純粋に、kitagawaを応援してくれる人がいる、そのことがただただ嬉しかった。その人たちの期待に応えるためにも、そして何より自分のためにも、優勝するしか選択肢はないと思った。しかし、簡単にはそれは叶わないことも分かっていた。

なぜならば、彼らの実力を一番近くで見てきたからだ。日々、グループラインに上がってくる彼らの即報。その華麗なまでのテクニック。ナンパと向き合うスタンス。どれを取っても、コンスタントに成果が出せるヴィジョンしか見えてこない。

 

泣いても笑っても、結果は12時間後に明らかになる————。

 

 

— 続く —


 

【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。