ルーティーン「偽りの時間制限」

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

暑気厳しき折柄、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は最近ブログでもよく登場する、ルーティーン「偽りの時間制限」について記載させて頂きます。

1)偽りの時間制限とは?

ナンパ、あるいはピックアップにおいて、オープンさせ、和みから連れ出しにシフトチェンジさせる際に用いるルーティーンの一つ。終わりの時間を区切ることで、どうしようか迷っている案件に「少しの時間なら付き合ってもいいかな」と思わせることができる。

2)e.g.

「どうしようかな..」

「大丈夫だよ。俺もこれから友達が来るし。多分1時間くらいかな?連絡きたらバイバイになっちゃうけど、それまで遊ぼ!でさ…(以下略)」

会話の中で、相手のメリットも示せると良いです。

・この人と話したらきっと楽しいだろうな

・あ、ちょうどそのお店行きたかったんだよな

・ちょっと時間あるし私の好きな物食べれるならついていこうかな

などなど、やり取りの中で相手に思わせられたら連れ出しまであと一歩です。

このルーティーンを「最後の一押し」的な要素で使えると良いかもしれませんね。マーケティングにおけるPASONAの法則のナローダウンみたいな位置付けで。

P:problem → 問題を提起する

A:agitation → 煽り立てる

So:solution → 解決策を提示する

N:narrow down → 限定性や緊急性等を示す

A:action → 行動させる

よろしければ、次回のナンパの際に使ってみてください。上手くあなたのナンパにフィットすれば、連れ出し力が向上するかも知れませんね。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です