ルーティーン「10ミニッツ・セダクション」

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

秋風が心地よい時節となりました。読者の皆様におかれましては、益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は9月の怒涛のストナンノックの中で得たものの一部をご紹介させて頂ければと思います。

通常、ストリートをはじめとして即までの道のりにおいて大部分、あるいはその全工程で「和み」という動作を多かれ少なかれ挟んでいるかと思います。例えば、バーで小一時間飲みながら話したり、レストランでお互いのパーソナル情報を開示しあったり、等。

今回ご紹介せて頂きますのは、それらの過程を圧縮して最短で即るためのルーティーンです。その名も“10ミニッツ・セダクション”。

フローとしては、とにかくゴールまでの理由付けをしていくことです。

例を挙げると、

道で出会う→二人でこれから過ごす理由付け→個室に入る理由付け→個室イン→ギラ(例:焼き魚理論)→

的な。まあ、なんというか、普通過ぎて「え?」って感じですよね。

要するに、普段やっていることをめちゃくちゃ圧縮する作業が「10ミニッツ・セダクション」というルーティーンです。フールズメイトという言葉をご存知でしょうか。(ザ・ゲーム を読んだことがある方ならご存知かと思います)

ミステリーによると、女が会ってから身体を許すまでの過程を違和感なく感じるのは、おおよそ7時間くらいが過ぎてからだということだった。
7時間ならば一晩でも、または数日掛けてでもいい。

近づいて話をして1時間。電話で話して1時間。会って酒を飲んで2時間。また電話して1時間。そして次に会ったとき、さらに2時間を外で費やして、それから一緒にベッドへと潜り込む。

7時間もしくはそれ以上の待ち時間を持つことを、ミステリーは「ソリッドゲーム」と呼んだ。
7時間よりも短い時間で行為まで簡単に進むこともある。ミステリーはこれを「フールズメイト」と呼んだ。

『The Game』 Step3 価値を見せつける より

「フールズメイト」と呼ばれる即の中でも最短で即までの道を歩くのが10ミニッツ・セダクションです。

10ミニッツセダクションには、過程において和みを極力排除することにその極意があります。

そもそも、なぜ「和む」ことが必要なのでしょうか?果たして、本当にそれは必要なのでしょうか?読者の皆様は、和むことの意味を真剣に考えたことがありますでしょうか。

和む意味。それは、女性側をグダらせないためです。

そして、和みとは本質的な意味で言えば、女性側が行為に及ぶための理由付けに過ぎないのです。

・この人は私と考えや価値観が合う→受け入れても良いかもしれない

・この人といると楽しい→受け入れても良いかもしれない

・この人は尊敬に値する→受け入れても良いかもしれない

等々、行為に及ぶ理由は多々あるでしょう。

このルーティーンのポイントはそこではなく、キーは個室にインするまでの過程にあります。

以下に整理します。

1)互いの自己開示をライトに。(今何している案件で、この後何の予定があるのか)

→相手に30分程度の時間があれば大丈夫です。オープナーは「〇〇ですねオープナー」か「持ち物オープナー」をkitagawaはよく使用しています。言い方によっては直接法寄りにもなるかも知れません。

2)類似性の法則等で踏み込みつつ、個室打診

→理由付けもセットで。(例:輸入関連の会社を経営しているすごく仲良しの友人にさ、こないだめちゃくちゃレアなシャンパンもらったんだけど〜以下略)※レイモスで大丈夫です。

あとは、ストリートにて1)&2)をガシガシ繰り返していくだけ。そして、2)をとにかく違和感がないように設定を練り上げることが成功への近道です。

また、普段よりも簡略化された即をするということは即ち、バイヤーズ・リモースのリスクが相対的に上がる傾向が強いということですので、LTR化を狙いたい人は途中からコース変更もアリだと思います。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です