最近よく使うオープナー Vol.1 〜〇〇ですね〜

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

 

冷気日ごとに加わり、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日はオープナーについてのエントリーです。オープナーについては、ブログ内でも散々語って参りました。もう一度オープナーの意味をおさらいさせてください。

オープナーを放つとき、気を付けなければいけないことはいくつかあります。その中の一つに、それを言った後、どんな雰囲気になるかというものをイメージすることがあります。狙い通りのイメージになれば、その案件とあなたが放ったオープナーがうまく適合した、ということです。

「オープナーの適合」という概念。あまりこのブログでも語ってこなかったことです。オープナーをある種決め打ちをしてしまうと、最終的なオープン率は下がってしまう傾向が顕著です。(その振れ幅には個人差がありますが。)そしてこの傾向は、ピックアップの熟練度が上がれば上がるほど顕著に垣間見える、というデータもあります。

ただ、オープナーの決め打ちは地蔵を防ぐというメリットもあります。「何て声かけよう」と考える必要がないため、3秒ルールを遵守しつつ効率的なピックアップを行えます。

 

前置きが長くなりましたが、本日ご紹介させて頂くのは「〇〇ですねオープナー」というものです。このオープナーは使い方によっては間接法っぽく使用することもできるもので、オープナーの中では比較的緩めな位置づけになります。「運命系人違いオープナー」など、ドラマティック、あるいはテンション頼りなものとはまた一味違ったベクトルのものなので、個人的に使っていて、その後の流れが楽しいです。

kitagawaメソッドにおいて大別すると、「周辺環境オープナー」にカテゴライズされるものです。

例を挙げます。

・夜ですね。

・雨ですね。

・寒くなってきましたね。

 etc…

なんでも良いです。必ずYESで返答がきそうなものを使用してください。このオープナーの使用で一番重要なファクター、それは雰囲気です。

「なんやねん雰囲気って」って話ですよね?分かります。分かりますとも。それをこれから説明します。まず、このオープナーの生い立ちに遡ります。

 

「道で声をかけ、一番返答を得られるものはなんだろう」

 

そんな疑問からオープナーの開発が始まりました。「道聞き」という一つの結論に辿り着き、道聞きオープナーが開発されました。道聞きオープナーは非常に汎用性に富む、秀逸なオープナーの一つです。しかし、慣れていないと使うのが困難であり(嘘くさくなる)、またその後の連れ出しや即までのストーリーを入念に準備しなければいけません。

で、思い付いたのが田舎のおっちゃん(orおばちゃん)のイメージでした。

正気か?と思ったあなた、確かにそうかも知れません。ただ、思い出してみてください。小さい頃、実家の近所の人の良さそうなおっちゃんやおばちゃんにいきなり道端で挨拶された記憶はないですか?

「あっついねぇ〜今日は(^^)」

と、くしゃっとした笑顔で声をかけられたら、思わず「そうですね(^^)」と返したくもなりますよね。

つまり、そんな雰囲気感です。それが〇〇ですねオープナーの真髄です。また、形象拳というものをご存知でしょうか?人間とは異なる他の動物の動きを模した拳法の総称です。

 

201210041656000

 

ある意味、〇〇ですねオープナーは田舎のおっちゃんを模した形象拳とも言えます。また、そんな〇〇ですねオープナーは発声後には当然のようにマイルドな空気感になる場合が多いので、女性の表情を読み取りつつ和やかに会話を発展させていきましょう。

kitagawaは「オープナーなんでも良い説」を提唱してますが、実際のところ「何を放ったか」ではなく「放った後の状況はどうなのか」の方が重要なので、いずれのオープナーを使用するにせよ、放った後の雰囲気は常に自分のイメージと乖離していないか確認しながら進めてほしいと思います。

 

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。

 


 

 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です