やっちゃいけないことリスト vol.2

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

 

ゆく秋の感慨も深く、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。さて、本日はピックアップにおいてやっちゃけないことリストについて記載させて頂きます。

やっちゃいけないことリスト【ソロ】

 

本日は、 

1, 声がけ時に、相手のことを観察しない。あるいは展開をイメージしない。

 

について。

 

実は、「観察しない」というのは声がけにおいてかなりの選択肢を減らしています。ナンパを恒常的にやっていらっしゃる方からすれば、こんなのは当たり前のことかも知れません。

が、意外に始めたばかりの方はそれどころじゃなくいっぱいいっぱいになってしまい、女性のパーソナルな情報に関して考えられていないケースが多く散見されます。

観察することのメリットとしてはまず、オープナーに幅を持たせらるという点が挙げられます。例えば、女性の持ち物をいじる「持ち物オープナー」を使用する場合。これを選択する場合、観察することは言わずもがな必須です。バッグ、靴、服、キーホルダーなどネタにできる部分はかなりあります。その他にも、持ち物に限らず視覚的・聴覚的全要素まで幅を広げると、髪型や髪色、歯並び、肌質、鼻の高さ、えくぼ、眉毛、シャンプーや香水の匂いなど観察できる部分はかなりあります。つまり、それだけ対象に応じたアプローチを図れるということです。

 そこで試行回数を増やして洗練させていけば、自分のキャラや案件の特徴に合わせたオープナーが完成します。そこが観察することのゴールの一つです。

次に「展開をイメージする」ということに関してです。これがないと、次にどうしていいかわからなくなり、「とりあえずLゲ」のような流れに陥りがちです。(Lゲに持ち込めればむしろいいほうで、テンパってよく分からない話に終始してしまい、さよなら〜となってしまう場合も音声を聞いていると多いです。)

ですので、考えられる選択肢はある程度イメージしておいて、そこに当てはめていく作業を会話を用いてしていく、という感じです。

例えば、自分は今どういう状況で声をかけているのか、その時間その場所にその格好でいる対象の案件はどんな属性の女性なのか、連れ出し先はカラオケなのか、カフェなのか、あるいはラブホなのか、自宅なのか。そして、それらの場所はどこで、どういう道を通ってそこに向かい、どんなトーク(パーカー理論)で誘導していくのか等々、予め知っておくべき知識と、そこまで到達させるための展開をイメージをすることで即までの(あるいはLゲ、その後の離脱率低減に至るまで)到達率を飛躍的に向上させることができます。

 

もうすぐ世間はクリスマス。恋愛市場には恋人が欲しい案件も増加傾向にあります。積極的に活動してはいかがでしょうか。記事をお読みいただき、素敵な時間が過ごせる方が一人でも増えたら幸いです。

 

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です