kitagawa式PUイノベーター理論

 こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。

 寒気厳しき折から、読者の皆様におかれましては益々ご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。

さて、本日はピックアップをイノベーター理論により分析してみようと思います。

 

 

 

1.イノベーター理論とは

 イノベーター理論とは1962年に米・スタンフォード大学の社会学者、エベレット・M・ロジャース教授(Everett M. Rogers)が提唱したイノベーション普及に関する理論で、商品購入の態度を新商品購入の早い順に五つに分類したものです。

 

—–

 【kitagawa式PUイノベーター理論】

・イノベーター

冒険心に溢れ、積極的に性行為に及ぶ女性。市場全体の2.5%程度。

 

・アーリーアダプター

男性を受け入れやすく、性行為に及ぶことに吝かではない女性。市場全体の13.5%程度。

 

・アーリーマジョリティ

比較的慎重派で、和めば性行為に及ぶ女性。市場全体の34.0%程度。

 

・レイトマジョリティ

性行為に対し比較的懐疑的で、グダが発生しやすい女性。市場全体の34.0%程度。

 

・ラガート

貞操観念が高く、最も保守的な女性。市場全体の16.0%程度。

 

 

—–

この理論から見える事象は、いくつかあります。

例えば、アポからの即までのコンバージョンが50%を下回っている人は、和みに何らかしらの問題を抱えている可能性が高いと言えます。つまり、そこさえ修正していけば、市場が内包する半分の女性を即、あるいは準即まで導けるということになります。

あるいは、イノベーター、アーリーアダプターにカテゴライズされる16%の女性は和まなくてもセックス可能ですから、ゴールが「性行為」ならば、そこにかけるコストを極限までカットすることができます。

 

【ノーグダ16%理論】→全く和まなくても16%の女性はノーグダでセクをする。

 

しかし相手は人間なので、そう機械的にどう、と判断することは困難かも知れません。ただ、そこに至るまでの自分なりの判断基準ができれば、無駄なタイムリソースや金銭リソースを投下しなくても良くなりますので、研究するのも面白いかも知れませんね。(ちなみにkitagawaは既にいくつかの判断基準を持っています。)

 

あとは、スト高は全員ラガートなのか?という疑問ですが、これは一概にそうとも言い切れません。たしかに、恋愛市場においてはハイクラスのヒエラルキーに位置し、コンペティターが多いのは紛れもない事実です。ただ、それが彼女たちの貞操観念と比例するとは限らない、ということです。これはkitagawaの経験と統計による確かな事実です。

では、何が大切かと聞かれれば、2つあります。

1つ目は、コンペティターとの差異を生むための幅広いナレッジのインプットです。特に女性が興味のありそうな話題に関しては事前に叩き込んでおくと役に立つ場合が多いです。豊富な知識を持っていることは、尊敬のステージにも立ちやすくなります。

2つ目は、自分の勝ちパターンを磨く、ということです。試行回数を増やし、自分の勝ちパターンを作ってください。スト高だろうがなんだろうが、相手は同じ人間の女性です。心地良いことは心地良いし、嫌なことは嫌です。試行回数を増やし勝ちパターンを磨くのは、最大公約数的を取るための作業です。

 

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です