2017年05月 一覧

ナンパとピックアップと合コン vol.1

人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?

— マリリン・モンロー(女優)

 

Chapter 1 摂理

「合コンには行かない」

 

これは、kitagawaが自分に課したルールのひとつだった。いつ頃そのルールが誕生したのかは定かではないが、確固たる決意の下その「ルール」は今も尚頑なに遵守されていたのだ。取り立てて何故かと聞いてくるような友人は居なかったし、kitagawaを詳しく知っている人物ならば敢えてそのような場所にkitagawaを連れて行こうとすることもなかった。漁を生業とする者が、釣堀に入り浸る事はほぼない。kitagawaは常に野生のポッポを求めている。つまりは、そういうことだ。

美女には絶対的な価値があるが、「 スト高 」と呼ばれる彼女たちが、そういった社交場に顔を出すことは少ない。何故ならば、彼女たちは「足りている」からだ。彼女たちは、それこそ10代から50手前ほどの幅広い層の男性からのアプローチをうける。恋愛市場でのスト高の絶対数から見れば、その状況は明らかに需要過多だろう。

市場は「妥協」という概念の上に、まさに絶望的なバランスで成り立っていた。希少価値を追い求め、人は、もとい男性はより美しい女性を求める。かくいうkitagawaも例外ではなく、それこそ病的と言えるほどに、彼女たちを求めていた。勿論、彼女たちを求める過程では障壁となるコンペティターも多い。週末に街ですれ違う美しい女性の多くは、その隣に男性を連れて歩いていた。当たり前の話だ。彼女たちは多くの男性から求められているのだから。

とどのつまり、そんな彼女たちがいつ合コンに行く暇などあるのだろうか。kitagawaには、そんな考察と分析に基づいた持論があった。ゆえに、kitagawaが合コンに顔を出す理由は全くなかった。ごくたまに合コンのセッティングを知人に打診されることもあったが、合コンのセッティングを打診してくるのが男性だった場合、チーム戦で戦わなければいけない「合コン」というフィールドは明らかに負け戦さになることは目に見えていた。強者は合コンというフィールドを敢えて選んだりはしない。

また、打診してくるのが女性だった場合。美人でない女性が連れてくるのは、決まって美人ではない女性だ。( 幹事MAXの理論 )さらに、美人が合コンのセッティングを打診してくる場合(これはレアケースだが)は、むしろ合コンをセッティングせず、その子とのマンツーマンでアポを取り、 即る 、あるいは LTR 化した方が明らかに効率が良い。そこに到達できないのは自分の力不足でしかない。

金と時間を投下して妥協を重ね粗悪品を購入するのは、愚行とも取れる行為だろう。何の根拠もない淡い期待感など持ったとしても、ドアを開けた瞬間に粉々に打ち砕かれる。そうに決まっている。そう思い込んでいる節が心のどこかに、あった。kitagawaは昔からそうと決めたらテコでも動かない性格だった。

 

chapter 2 邂逅

あるとき、旧来からの友人と都内某所のとある居酒屋にて酒を酌み交わす機会があった。積もる話に花を咲かせた。よくよく話を聞いてみると、彼は PU に興味があるらしかった。しかし、自分から決してそういった行為をすることはなかった。彼は、ウーロンハイをグイッと呑み干し、シルバーの縁のあるメガネを、クイっと上げた。

「そんなコト、現実に起こるの?(笑)」

彼はサラりとした髪をかきあげ、笑いながら言った。彼はPUに対して好奇心こそあったが、シャイな気持ちとプライドや堅実さが邪魔をして、最初の一歩を踏み出せないでいた。無理して踏み出さなくてよかったとも思ったが、彼はkitagawaの話すことにとても目を輝かせていたような気もした。自分以外の他人が何を思っているのかなんてのは、その人物にしか分からない。自分が他者の気持ちに関して感じることのすべては、あくまで想像の域を超えることはない。

「どんなもんか見たい。kitagawaのナンパ。」

彼は非日常の世界を、その目で見てみたいらしかった。kitagawaのナンパは見世物ではない。しかし、先輩漁師として、これから漁に出ようとする若者に魚のとり方を教えてあげたいとも思った。席を立ち、用を足してから店を出よう。そう思っていた。ストリートで彼と一緒に声をかけるために。非日常な日常に、kitagawaの目の前で目をキラキラさせている若者を引きずり込みたい。

そんなことを考えながらトイレに立つと、いきなり後ろから声をかけられた。

「お兄さんのジーパン、かっこいいですね」

kitagawaは完全に意表をつかれた。本来、声をかけられるような空間ではない場所で、同性から声をかけられたからだ。

「合コンをしてるんですけど、全く盛り上がらないんですよ。もうね、帰ろうかなと思って。」

彼は続けた。

「なるほどですね。」

kitagawaは少しだけ笑みを浮かべながら、言った。彼は、ハハっと笑った。

「かわいいですか?相手。」

「かわいいんですけど、ノリが・・・。」

どうやら、いまいち盛り上がりに欠けているらしかった。「ノリが悪い」というのは完全に他責のセリフだ。確かに、そういう女性もたまにはいるだろう。ただ、相手側も貴重な時間を割いてその場に来ている。本来は楽しみたいはずだ。その場を楽しい雰囲気にする甲斐性がないなら、合コンほど不毛なものはない。kitagawaは残念に思った。そんな時間を過ごしている男性が近くにいることに。

そんなことを考えながら、手を洗って設置されているペーパーで丁寧に水分を拭った。席に戻ると、なんと先ほどのトイレの彼がkitagawaの斜め後ろの席にいた。目があうと、彼は軽く会釈をした。

なんとなく合コンをしている団体が近くにいることには気付いてはいたが、男性陣の顔までは注意を払っていなかった。目の前の友人に目で合図を送ると、kitagawaは唐突に中に切れ込んだ。

「お疲れさまー。」

ノープランだったが、感覚だけを頼りに中に飛び込んだ。

 

—続く— 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


洋服を買いましょう。

本日は最下部にLINE@1000人記念限定プレゼントがあるので、お見逃しなく!

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。青葉繁れる好季節を迎え、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

 

さて、本日はスト値向上に関して大きなファクターであるファッションに関してのお話。ブログではあまり多くを語ることもなかったですが、これからナンパ( PU )を始めようと思っていたり、ナンパで声掛け時に見た目グダが発生しやすいな〜という自覚がある方は是非ご一読頂きたい内容です。

kitagawa的ファッションの現在

さて、寒暖の差が結構激しい今日この頃です。アパレル的な言い方をすると、S/S(エスエス:spring&summer=春夏物)商品がお店に陳列されている時期。日中はジャケットやMA1などを着ると暑いけど、夜は結構冷えるので洋服のチョイスが難しい時期かも知れません。

new arrival欄(新規入荷商品)を見ると、昨年まではリネン系(麻で風通しが良い)のアイテムが流行っていましたが、今年は入荷していないショップが多い様子です。パイル地などで少し崩してる系のパーカーやセットアップ等を取り扱っているショップも散見されました。こちらは前年にあまり見られなかった傾向です。「ファッションとか正直何着れば良いか分かんね!」という方に代わり、今年のトレンドを街を歩きながら色々とリサーチしてみました。

今年確実に来るアイテム、それは?

サマーニット。これです。間違いなく持っておくと重宝する一品になると思います。

summerknit-32

 

サマーニットのここが熱い!

・Tシャツよりオシャレ感が出せる。←ふわっとした感じになるので、柔らかい印象を受けます。かっこかわいいコーデ。

・清潔感のある白っぽいものをチョイスしても乳首が透けない。←結構重要。白いTシャツ着てるおっさんが乳首透けてたら結構ドン引きしてる子は多いです。

・写真中央のサックスカラーのジーンズや、左のような黒スキニーなど、基本的に何にでも合う。←色々着回しできるのでコスパも最高。お財布にも優しい。

 

 

サマーニットを買うときの留意点

まずはじめに言及したいのは、サイジングです。ジャケット等もそうですが、サイジングは一回着てみないことには分かりません。ちょっとぶかぶかしているジャケットを着ている方は勿体無いな〜と正直思います。例えばMA1とかスタジャン、トレーナーとかはちょっとブカってるものを着る着方もあると思いますが、ジャケットはサイジングをミスるとひたすらダサくなってしまいます。

で、サマーニットはどうか。これはピッチりしすぎるとキモくなります。逆にブカブカすぎても股上まで丈がきてしまうので、慣れてない方におかれましては上記添付画像を参考に丁度いいサイジングを模索してみてください。

また、自分が持っているパンツや靴と合うかどうかというのも非常に重要です。微妙なら合わせてそちらも購入されるのも良いかと思います。

 

サマーニットの合わせ方

全体的にシンプルにまとめるのが良いと思います。また、ハーフパンツと合わせるとかなりカジュアルで若すぎる印象を受けてしまうので、あまりお勧めしません。オススメはサックスのタイトなジーンズにスリッポンや白スニーカー(ナイキやアディダス等)、またはビットやチャームがついてるデッキシューズ系やローファーなどと合わせつつ、パンツはちょいロールアップする、というスタイルです。めちゃくちゃ爽やかで、万人受けするスタイルです。

バンドマンやホストのようなお兄系ファッションがモテたのはもう過去の話です。バンギャ狙いなど局所的にはまだイケますが、基本的には最大公約数的(=万人受けスタイル)に攻めた方が即に資すると思います。

 

参考になれば幸いです。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


 【LINE@1000人記念企画】

トリンドル似の子をピックアップ(声がけ〜カフェ連れ出しまで)音声を日頃の応援いただいております感謝の意を込めまして、LINE@登録者限定で明後日の20時に配信致します。以下URLに冒頭の参考動画リンクを貼っておきますので、興味がある方はご視聴ください。

https://goo.gl/37Gsd6

2017-05-28 22.24.42

明後日5/31水曜の20時に、LINE@お友だち登録者様限定で配信予定です!

友だち追加数   

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

 


1 2