リフレーミングとゴールデンサークルに関してのレポート

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。雲の晴れ間の青空も懐かしい時節となりましたが、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は リフレーミング (価値観誘導)に関してのエントリーです。

—–

最近、コミュニティの方からのオススメもあり、改めて「サイモンシネックのTED」を見てみました。彼のプレゼンは上手いのなんの。欧米でコーチングで著名になった方は、内容や構成もそうですが、話し方に関しても参考になる部分は多いですね。

サイモン・シネック氏のプレゼン(TEDより)

https://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action?language=ja

まだご覧なられたことがない方は宜しければ上記リンクからご参照下さい。で、これがどうピックアップに関連するか、ということについてです。

goldencircle.001

人は、「why」に共感できたときにアクションを起こします。これは、生物学的に根拠があるらしいです。心理学ではなく、「生物学」です。直感や情緒、信頼、忠誠心などを司る部分が脳の中心である大脳辺縁系に存在しますが、そのことに起因します。脳構造上、外側にある大脳新皮質は言語や合理的な思考を司りますが、それが「what」に当たる部分であるとシネック氏は言います。

つまり、アウトプットのプロセスをwhat→how→whyとしても、そのメリットなどは理解できたとしても、行動に繋がる訳ではないのです。共感を得るために大切なのはその逆の順番であり、「why」にフォーカスすること。そして、ヴィジョンをシェアすることが重要です。

何故キング牧師は25万人もの足を止め、市民権運動を統率することができたのか?

何故ライト兄弟は他の資金力があるチームよりも先に人類初の有人飛行を成功させたのか?

そのシンプルな答えが、実はそこにあったのかも知れません。

さて、ここで PU に話を戻します。

最初に述べましたが、本日のエントリーのテーマは リフレーミング についてです。リフレーミングに関しては過去のエントリーでも論じておりますが、「未来の行動や選択は現在の価値観に起因するので、現在の価値観を改変すれば未来の行動も変わる」という至極当然といえば当然の理論です。

そして、ゴールデンサークルを PU にて最大限に活かすことができるのは、まさにそのようなリフレーミングを仕掛けるときに他ならないのです。

例えば、恋愛遍歴引き出しルーティーンやITFLなどのルーティーンに関しても、「why」を掘り下げていくことに意味があります。(考え方としてはIWWが最も近いかも知れません)

何故、目の前の女性は彼氏がいないのでしょう

例えば何故、目の前の女性は彼氏がいないのでしょう。作らないのでしょうか。作らないのだとしたら、何故作らないのでしょうか。仕事が忙しいからでしょうか。それとも他に大切な趣味などがあるからでしょうか。彼氏とは何故別れてしまったのでしょうか。単に彼氏が最悪な男だったからでしょうか。それとも他の理由でしょうか。付き合った人数は何人でしょうか。それは平均的な人数でしょうか。多すぎる、あるいは少なすぎるならばそれは何故でしょうか。

・・・などなど、枝葉末節に恋愛観を掘り下げられます。

それらの事象すべてに彼女のアイデンティティが隠れています。そこに共感を示せば、それが返報性の法則により彼女とのラポール構築に寄与します。そして彼女は、会話の流れから同様のことをあなたに尋ねてきますここがリフレーミングのポイントになります

まず、彼女から「And you?」の質問が来たら、「why」に当たる部分を彼女に対して示します。事前に彼女の話を引き出し、そこに共感を示してるのでラポールが少しでも構築されている状態にあります。通常よりも、こちらの「why」の提示も受け入れやすい状態になっているといえます。次に、この「why」に、価値観を誘導したいものを盛り込んでいきます。

これが上手くいけば、漫然とゲームをプレイしているよりも遥かに高い確率でゴールとするところまで到達できるでしょう。

また、PUに関して重要なファクターの一つに「ゴールを明確化すること」があります。これがしっかりしていなければ、「やらなければいけないこと」と「やらなくてもいいこと」のタスク選択ができません。例えば、ゴールが「 」なのか「 Lゲ 」なのかでも、そのプロセスですることは変わってくるのは言うまでもありません。

恋愛遍歴引き出しルーティーンをを繰り出す際は、ゴールでありスタートでもある「why」を明確化してみてください。自分が案件から何かを引き出す際は、[1]こちらが同じ質問をされたときに何といえば彼女からの信頼を構築できるのか、[2]何といえば価値観を誘導できるのか、という2点に関して事前に準備しておくと良いかもしれません。質問によって[2]をあらかじめ準備するのが難しいものもありますので、その場合は無難に[1]にてDHVの向上に努めれば良いと思います。

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です