【和み力強化】マインドマップ(メモリーツリー)に関するレポート

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。雲の晴れ間の青空も懐かしい時節となりましたが、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日はマインドマップ(メモリーツリー)に関してのエントリーです。女性との和みに関して、「何を話せば良いか分からない」と言ったご質問をよく頂戴します。その一つの解決策として提示したいのが、マインドマップの活用です。

頭の中を整理しましょう

「あまり和みが上手くいかない」

「アポっても れない」

などの事象が目立つ方におかれましては、その事前準備として一度頭の中を整理してみると良いでしょう。そのプロセスは、自分の強み(武器)や女性と和む際のポイントを洗い出すことに繋がります。具体的な手法としては、マインドマップの活用がオススメです。

マインドマップ

マインドマップ.001

書き方には色々なフレームがありますが、kitagawaが推奨したいのは上記のような手法です。まず紙とペンを用意して、「特技」「趣味」「資格」「経験」「挫折・短所」について掘り下げてみてください。細かく作り込むと、結構時間がかかると思います。ここでは見栄を張ってもしょうがないので、できるだけ正直に自分と向き合ってみてください

特技や趣味が重なる女性(上記の例で言えば、カラオケが好きだったり、何か楽器をやっていたり、昔吹奏楽部や音楽関係のサークルに所属していたり、あるいは現在音楽関係の職業に就いている等)は得意なジャンル(=会話を盛り上げ、類似性の法則による和みが成立しやすい案件)となります。つまり、得意なタイプの女性と言えます。(経験を重ねてこの幅を増やしていくことに比例して、類似性の法則による和みの幅も増大していきます。)

また、表彰・資格は DHV に資する材料になりえます。活用できるポイントでは、そのような会話に自然に誘導するようにしていくのも一つです。経験に関しては、特殊なものであればあるほど、他者との差別化が図れます(ただし話題は選ぶ必要があります。相手の気分を害しては意味がありません)。

そして、挫折・短所に関しては アンダー・ザ・ドック効果 による和みを狙えます。さらに、相手の会話を聞いた後、こちらが同様の話題を具体的に後出しすることによって、大きな共感を得ることに繋がり、深い類似性の法則による和みに寄与できます。大変だった過去を共有することで、 ラポール (=信頼関係)を構築できます(辛い経験を一緒に乗り越えたカップルが長続きするのはこの為です)。

とにかく自分と向き合う。幅を広げる。演じる。

このマインドマップは、アップデートしていくことを強くお勧めします。なぜなら、作った当初はまだ発見できていなかった自分も当然のように出てきますし、女性とのアポやその他の社会生活を営む上で、知見が広がるのは当たり前だからです。マップが広がれば、それだけ女性の好みに合わせて演じられるキャラクターも増えてきます。会話が苦手な方は特に、アポイントメントの前、あるいは女性がお手洗いに立った時などにカンペのようにマインドマップを確認して臨むのもありだと思います。

最後に読者の皆様が素敵だと思える女性とさらに素敵な時間を過ごせるようになることを願いまして、本日のエントリーを締めくくりたいと思います。

本日は以上になります。それではkitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメント

  1. おっさん より:

    大変勉強にさせて頂きましたー!ありがとうございます

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です