ナイトプールナンパのススメ その1

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。朝夕涼味を覚える頃、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日はナイトプールについてのエントリーです。こちらのテーマで語るのは暦の上では既に秋である昨今、いささか遅すぎ感もあります。しかしながら、まあ夏終わりに向けてラストスパートってことで得られた体験をもとに考察していきたいと思いますのでよろしければご覧ください。

 

今、ナイトプールが熱い。

まあ、表題の通りなわけなんですが。こんなのは今更言及するまでもないかもしれませんが、あえて「何故か?」という部分にkitagawaなりにナンパという見地からフォーカスさせていただきたく思います。

圧倒的なコスパ。

「何故か?」という部分を一言に集約するならば、これに尽きます。特筆すべきは、内在する案件の層、コンペティターの母数の2点です。まず案件の層に関してですが、10代〜20代半ばくらいまでがほぼ9割を占めます。(未成年も多いので、アプローチの際はトラブルにならないように気をつけてください。)それに関しては、ご希望があればLINE@でどんな層がいるのか具体的にムービーなどで配信しておりますので、ご登録いただいた後ご連絡を頂戴できればお伝えすることが可能(パブリックな場では個人保護の観点から公開できないので)です。

次にコンペティターの母数ですが、こちらも男女比が9:1程度であり、目立ってPUしているような男性は数組程度でした。いないに等しいです。クラブと比べるならば、何倍も効率的に案件と絡めると思います。

ナイトプールって色々あるけど、どこが熱いの?

結論から申し上げます。お台場一択です。

http://www.owp.jp/odaiba/

理由は案件の数、そしてコストです。まずもって、このような閉鎖空間においてタイムリソースを有効に活用するには、潤沢なアプローチ対象が施設内に内在していなければいけません。例えば、「クラブに行ったけどスカスカor男祭りでアプローチできる対象がいないのですぐ出てきちゃった!」なんて経験はないでしょうか。これ、本当に無駄ですよね。そして、友人と行ってる場合も多いと思うので、そんなときは一緒に行っている友人も残念な気持ちにさせてしまう。ですので、案件が潤沢すぎるほどに存在するお台場がオススメです。

そして、コストの見地から鑑みても、有名な例をあげればお馴染みニューオータニのナイトプールですが、こちらはエントランスフィーがなんと8,000円。ちなみにお台場は2,500円。お財布にも優しいです。

持ち物は何を用意すれば良い?

kitagawaが実際に行ってみて、用意して良かったものは以下です。

・携帯の防水ケース

→新型のスマホなら元々防水でいらないかも知れませんが、中にお金も一緒に入れておけるのでオススメです。100均でも同じようなものが買えます。(完全防水ではないです)

ちなみに、浮き輪は要りません。(どうしても欲しければレンタルもできます)それ以外は水着やタオルなどがあれば他は特に持っていかなくても大丈夫です。

で、そんなお台場のナイトプールですが、連日大人気を博しているおかげでどうやら9/2まで期間延長をしたらしいです。(ニューオータニは9/18まで開催してます。)

皆様もこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です