ナンパ雑感 一覧

ナンパに必要なマインドセットとは?①

こんにちは、kitagawaです。

ナンパをする上で重要なファクターがいくつかあります。今日はそれについて少し書かせて頂こうと思います。まずは「ナンパに必要なマインドセットについて」です。これに関しては、よく質問を受けますが、大切なことは3つあります。

まず一つ目は、「女性に迎合せず、常に主体的でいること」です

ナンパと呼ばれる行為にカテゴライズされるアクションすべてにおいて、あるいはストリート・ナンパというジャンルにおいて、そのアクションは限りなく自由です。自由だからこそ、なにをしようか迷ってしまうこともあるだろうし、相手も必ずしも応える義務がないので「もしダメだったらどうしよう」などプライドが邪魔をしてしまうこともあるのではないでしょうか。その他様々な要素で「出来ない理由」を探してしまい、メンタルブロックが働きやすいカテゴリーでもあります。

裏を返せば、何を言ってもいいし、何をやってもいいのです。(勿論、法に触れない範囲での話ですが。)邪魔をする他人もいません。そして、主体的であれば自分で全てをシナリオから創造できるのです。

逆に、主体的でいなければ、女子に良いように使われるリスクが格段に高まってしまいます。あなたはATMでもなければ、単なる暇潰しでもないのですから。

いま、あなたが声をかけている、その女子はなにを考え、なにを想い、行動しているのでしょうか。相手都合で、よく考えてみてください。

彼氏の居ない女子は、内在的に素敵な恋愛を求めています。その子にとっての、素敵な男性像とはなんでしょうか。それを確認する上で役に立つテクニックが恋愛遍歴引き出しルーティーンです。これについてはまた改めまして後述します。

「敵は常に自分自身」

ピックアップをする上で、思うように成果が上がらない時は、是非この言葉を思い出してください。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


 

マインドセット その①

女性に迎合せずに、常に主体的でいること。


このページについて

このブログからピックアップ理論やフィールド・レポートを発信することで、少しでも女性に悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

はじめに、少しだけ私自身のことについて語らせて頂ければと思います。

ピックアップを初めてから十数年が経ちました。本当に様々な出会いがありました。出会いの絶対数も増えましたし、普通に暮らしていてはまず知り合えない人種(レースクイーンやモデル、着エロアイドルからAV嬢等)とも出会えました。経験人数をよく聞かれますが、正確な数は把握していません。

概算ですが、1000人をちょっと超えた程度です。

今まで食べたご飯を全部覚えている人なんて存在しないですよね?

そんな感覚です。エクセルでデータを細かく管理していた時期もありました。

現在はLINEをメモ帳代わりに使っています。私にはこの管理法が一番合っていることに気付きました。

しかし、いつの時代にも、「○○人切り」とか数をひけらかすナンパ師がいますが、そこは私はあまり興味がありません。人数はあくまでただの数字に過ぎず、価値を見出せません。

ナンパは、狙うターゲットの層によって即の確率が大きく変動します。PUA(Pick Up Artist:英語圏でのナンパ師の意)は女性をスト値によって判別しますが、5と9では母数も成功率も大きく異なります。

仮に低ストとセクしまくっても、本当の意味での充足感は得られませんよね?

ですから、数自体はそれほど意味をなさないのです。

ナンパは限りなく自由なスポーツです。ナンパとひとくくりにいっても、その種類は様々です。(ストリートや、クラブ、ネットなど)その中でも、私はストリートナンパ(以下、ストナン)を推奨します。

いま、ナンパ業界、特にストナンはまさにフリーランチ状態です。

コンペティターもほぼいません。本当にブルーオーシャンです。正しいやり方を正しく実行すれば、すぐにセフレや彼女も作れるでしょう。ただ、世の中には正しくない、結果の出ないノウハウが溢れています。残念でなりません。

当たり前ですが、ノウハウコレクターではナンパは成功しません。

たまにナンパ記事や、いわゆるモテ本を見て思うのですが、本当にこいつらはナンパが上手くいってるのかと甚だ疑問です。それっぽいことが記載され、「具体的にどうすればいいのか」がほぼ書かれていないからです。

結果の出ない新規参入者は業界を離脱せざるを得ません。結果が出なければ、モチベーションを維持することが困難だからです。

ですから、ナンパ市場の「現在」をこのブログで語ろうと思い立ちました。

現状もっとも結果がでるであろう「時代に則したナンパ方法」や、現役のプレーヤーが何を考え何を想いナンパをしているのか

皆様にお伝えできればと思います。これから毎日更新していくので楽しみにしていてくださいね。

以上、kitagawaでした。


1 61 62 63 64