テツ 一覧

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜帰って来たスピードスター〜

 

人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。

Man is unhappy because he doesn’t know he’s happy. It’s only that.

ー ドストエフスキー(小説家)

 


こちらは、以下エントリーの続編になります。

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜冬の香りがする頃に〜

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜新宿の甘い罠〜

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜欲しがりません、勝つまでは〜

よろしければ、そちらを先にご覧下さい。


女子を見送り、早朝の渋谷へ戦場を変えようとしているkitagawaとテツ。

山手線のホームで、今日の反省会をした。テツにもなんらかの気付きがあったようだ。このまま何度か持ち帰っていけば、彼のテクニックも洗練されていくだろう。クラブナンパにおいても、彼を一流のプレーヤーに育てたいと思った。

そんなことを考えながら、早朝の山手線に乗った。手前の列に、横並びで数席空いており、テツはそこに腰掛け、kitagawaを隣へ促した。奥の列には、ちょうど女性の隣が一つだけ空いていた。kitagawaはそこに座ることにした。

「そのiPhoneケース、シャネル?俺も好きなんだよね。」

笑顔で話しかけた。kitagawaもシャネルを身に付けていたので、それを指差しながら彼女の目を見た。

「ほんとだ。」

彼女は笑いながらそう言った。オープン。そのまま、スモールトークを続ける。彼女は、池袋でのサークルの飲み会帰りで、それは先輩の送別会でもあったという。アイボリーのニットワンピに黒っぽいカーディガンを羽織っていた彼女は、グラマーな体型だった。スト値7。話の流れで彼女の最寄が三軒茶屋ということが分かり、渋谷で乗り換えることは分かっていた。

同様に、kitagawaも渋谷で降りた。そのまま、飲みを打診しながら、さりげなく彼女と腕を組んだ。一杯だけ飲もう。もう少しだけ話して、そうしたら駅までまた必ず送っていく。大丈夫。

そんな話をしながら、そのまま腕を組み続けた。何気ないスモールトークを繰り返し、少しずつ自己開示をしていった。

「こっちに飲む場所ないでしょ?」

彼女は怪訝そうに尋ねた。その度に、kitagawaは大丈夫、ある、と彼女をなだめた。程なくして、マンションの前に到着した。彼女は驚いた様子だった。と同時に、グダが発生。これは想定の範囲内だった。

大丈夫、一杯だけ。そうしたら、必ず駅まで送り届ける。疲れたでしょ?俺も疲れてる。だから、少しだけ休もうよ。大丈夫だよ。一杯だけだから。

自信満々な態度で、彼女を説得した。パーカー理論にはなっていない。雰囲気と自信満々な態度で持っていくkitagawaの十八番でもあり、真骨頂でもあった。

解放。インマイハウス。シャンパン・セレブレーション焼き魚理論。グダ。ロマンティック・エスカレーション。キスをしにいくと見せかけてしない。は?自意識過剰?とネグる。どっちがヒエラルキーの上部に存在し、どちらが正しいか示す必要があった。

彼女がセクを拒否する行動はある意味正しい。女性としての価値を高める結果に繋がるからだ。ただ、kitagawaも限りなく正しい。セクを欲するそれは、生物として存在し得る根幹でもあり、人としての三大欲の一つでもある。ルーティーン”スリー・グレイト・デザイアー”。

解放。。出会ってから20分程度で家に入り、すべては1時間程度の出来事だった。

そのまま少しだけ仮眠をとった。目覚めると、彼女はベッドの端に座り、ぼーっとしながら部屋の宙空をただ眺めていた。

2015-11-22 10.12.12

ナンパをしない人が不可能だと思っている大抵のことは、ナンパで実現可能だという事実を、多くのAFC(Average Frustrated Chump:平均的欲求不満男)はあるいは知らないのかも知れない———。

ーENDー


【LINE@で即報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜欲しがりません、勝つまでは〜

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is.

ー ヘミングウェイ(小説家)

 


 

こちらは、以下エントリーの続編になります。

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜冬の香りがする頃に〜

V2ナンパ フィールドレポートwithテツ 〜新宿の甘い罠〜

よろしければ、そちらを先にご覧下さい。


テツ宅前まで来た4人。果たして即まで到達できるのか———。

kitagawaにとってテツ宅は、家主と設備や流れを共有できていないため、アウェイにも等しかった。テツは流れが作れるのか?信頼するしかなかった。kitagawaは即までの流れに乗せる雰囲気を、担当の女子とは創出できていない。家グダを起こさせないように和むのが精一杯だった。

シャンパン・セレブレーション。彼女たちは美味しそうにそれを飲んだ。しかし、部屋が明るい。そして、リビングには一人掛けの椅子があるため、くっつくには向かない空間だった。そもそも、最初にコンビニに行ったことも失策だった。ショッピング・セパレートができない。kitagawaは考えを巡らせた。チームとして勝利するにはどう立ち回るべきか。

テツの家はマンションの高層階にある。これを利用し、彼女たち二人を引き離す手段を思いついた。ルーティーン”ナイトビュー・セパレート”

「ちょっと夜景でも観に行こうよ。」

kitagawaは彼女を連れ出すことに成功した。二人でベランダで夜景を眺めた。トーションを持ってきて、後ろから肩に掛けてあげながら彼女を抱き締めた。ノーグダ。しかし、ここでは敢えてギラつかない。テツの成功を考えるべきだ。

「寒いし、バイトが朝からあるからもう行かなきゃ。」

彼女はそういいつつ、部屋に戻った。リビングの椅子で和んでいたはずのテツ達がいない。彼らは寝室に移動していた。このままいけばあるいは———勝利の方程式が頭をよぎった。

「もう帰るよね?駅まで送るよ。テツ達はもう少し話したいだろうし、そっとしておこう。」

kitagawaはそう言いながら、彼女を玄関の方へ促した。彼女はそれを了承した。

「あ、でも待って!私のコート。」

彼女は言った。これは非常にまずい。

自室に着いた瞬間、テツが気をきかせてコートを寝室のクローゼットにしまいこんでいた。こうなることは予想できなかった。今寝室に入って彼女のコートをとれば、テツの方の女子に相方が帰ることがバレてしまう。そうなれば、十中八九「私も帰る!」となるだろう。それだけはどうしても避けたかった。考えろ。思考を停止するな。何か策はある筈だ。

しかし、彼女の電車のリミットは迫っていた。もう、コートを取りに入るしかなかった。彼女を玄関前で待たせ、kitagawaがこっそり一人で入ることにした。テツ達は明るい電気の中、寝室のパソコンの前で何か話をしていた。そんな雰囲気だったので、もちろんkitagawaが友人のコートを取りに入っていることは一目瞭然だった。

「え、もう帰る?じゃあうちも帰る。」

彼女は言った。やはり。こうなってしまった。完全に失策だった。先にkitagawaがコートの存在に気付いていれば、リビングに戻して畳んで床に置いておく選択もできたし、ハンガーでリビングの壁にかけておくこともできた。kitagawaのアンテナの感度が完全に低かった。場をコントロールする力をもっと身に付けなければ。PUAとして、即に向けて全てを支配しなければいけなかった。しかし、それができなかった。自分の力不足を実感した。悔しかった。

そのまま、4人で新宿駅まで向かう。彼女とは差し障りない世間話をしながら、時間の浪費ともいえる道のりを歩いていた。

失敗とは、上手くいかないやり方を見つけることだ。それを繰り返すことで、成長がある。一流のPUAほど、成功の裏に星の数ほどの失敗がある。新しいことをやることは痛みを伴うが、同時に成長するきっかけを自身に与えてくれる。本日はそんな日だった。

彼女達を見送り、テツとkitagawaは渋谷へ向かうことにした。

ー続くー


【LINE@で即報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


1 2 3 4