ナンパ 一覧

或る雨の日の出来事 ⑤

本日のエントリーは…

或る雨の日の出来事 ①

或る雨の日の出来事 ②

或る雨の日の出来事 ③

或る雨の日の出来事 ④

こちらの続編になります。よろしければそちらから先にご覧下さい。


涙を流さずにタマネギを切るコツを知ってる? 涙が出てくる前に素早く切り終えることだよ。

— 村上春樹(小説家)

 


Chapter 6  止まない雨

IMG_9753

たしかに、彼女はとてもノリが良い。しかし、いまいちコントロールできるかが曖昧だった。このような「恋人テスト」にはのってくるが、肝心なところでコントロールを失ってしまうような気がした。例えば?と問われれば具体的には思い出しにくいのだが、無視できない程度の確信にも似たものがkitagawaの中にたしかに存在した。

理論や統計を好んでナンパに用いた。反面、オカルトの類は根っこから否定した。「それには根拠がない」「その理由は?」納得しないと前に進まなかった。進めなかった。kitagawaは確信を模索していた。

「ちょっとさ、都内戻ってちょっと飲み直そう。」

kitagawaのこの打診は、彼女にとってもメリットがあった。帰る方向がそちらで、途中必ず都内を通るからである。彼女にとっては、所謂「ぶらり途中下車」だ。彼女は頷いた。kitagawaは追い打ちをかけた。

「そしたら、23時くらいには送っていくね。明日仕事っしょ?俺も仕事だから、ちょっと飲んで話したら今日は解散しよ。」

時間制限の法則。終わりの時間をこちらから敢えて区切ることで、安心感を与える。一見、彼女を気遣っているようにも見えるが、明確なタイムリソースを確保するための手段の一つである。こちらはその中で計画的に動けば良いだけだ。彼女からの不意な解散打診にもあらかじめ釘を刺すことができる。

帰りの電車の中は言葉数こそ少なかったが、変な気まずさや居心地の悪さはなかった。こちらが変に気を使いすぎていると、相手にもそれを悟られてしまう。特に、女性特有の観察眼は男性の何倍以上も鋭いことをkitagawaは身をもって知っていた。たまに交わす会話も、程よい距離感が保たれている。

幾許かの時間が過ぎ、二人を乗せた直方体の乗り物は渋谷の街でアナウンスと共にその車輪を止めた。雑踏をかき分けて階段を上り下りする。ハチ公改札を抜けると、見慣れた風景が広がっていた。戻ってきた。

「あのさ、めちゃくちゃありえないくらい美味しいシャンパンを友達からもらってさ、レイモスっていうんだけど。」

 「へーwどんな?」

 「マスカット・オブ・アレキサンドリアっていうらしんだけど、マスカットの王様って言われてる超貴重な品種100%で作られてるらしいのw」

「なにそれw飲みたいw」 

「あ、ここ家なんだけど。」

ルーティーン”おっととっと家だぜ”。インマイハウス。

「ちょっとトイレ借りるねー。・・・え、トイレ綺麗かよ!w」

なにやら一人ではしゃいでいる。そんな彼女をよそ目に、淡々と準備を進める。フルートグラスを2つ用意し、マットを引く。ルーティーン” シャンパン・セレブレーション “。

彼女と改めていろんな話をした。元恋人の話、家族や小さいころの話。彼女は男運があるとは決して言えない恋愛をしていた。身長も高く、見た目も美しいのにどこか自分に自信がなさげなのはそのせいか、とも思った。

彼女はきっと認めてほしかったのだ。傷付くのが怖かった。そして、ただただ、安息を求めていた。男には一線を置き、自分の心の奥を決して覗かせないようにしているようにも見えた。だから、変に利害関係が生じない女友達と過ごす時間が増えたのだろうし、男友達こそ多いが上辺だけの繋がりに終始してしまうのだろうとも思った。

そんな彼女との繋がりを大切にしたかった。あの日、雨が降っていなければ、きっとこの日の、この夜はやってこなかったのだろう。彼女は、雨の日が与えてくれたギフトだった。kitagawaは純粋にそのことに感謝し、それを彼女を伝えた。彼女は屈託のない笑顔で、笑っていた。優しい空気が二人を包み込んだ。肩を抱き寄せる。形式グダ

 

事後に腕枕をしながら、初めて会った日のことを話した。kitagawaは腕枕に女性が頭を乗せる位置で、どれだけその子が腕枕に慣れているか、あるいは男性と関係を持ってきたかをある程度容易に推察できた。彼女は、意外にも慣れているポジショニングではなかった。きっと、今までの男性がそういう雰囲気ではなかったのだろう、とも思った。

彼女はその煌びやかな外面とは裏腹に、とても不器用な生き方をしているように感じた。一体、彼女は誰に気を遣って生きているのだろうか。自分の人生は自分を一番に大切にしていくべきだと思う。しかし、彼女がそれを望まないのであれば、彼女と会っている瞬間だけは彼女のことを大いに楽しませられる存在になりたい。なれるだろうか。

「またね。」

駅まで彼女を見送り届け、別れの言葉を告げる。彼女も笑顔で手を振った。kitagawaは姿が見えなくなるまで、決して振り返ることのない彼女の後ろ姿をぼんやりと眺めていた————。

 

或る雨の日のギフトは、その心を覗き込めば、きっと今日も曇り空だったのだろう。

 —END—


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


10月度 ナンパ月次報告書を添付致します。

こんにちは。「ナンパとピックアップと私」管理人のkitagawaです。暮秋の侯、読者の皆様におかれましては、益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は恒例の月次報告をして参ります。まずはこちらをご覧ください。

(2017.10)月次報告書

今月の特筆事項は2点です。

まずは、全国的なナンパイベント、「コンビチャンピオンシップ2017」への出場です。高名な方が多数出場されているので、「普通に入賞すれば御の字」くらいに思っていましたが、運や相方にも恵まれ、なんと優勝してしまいました

応援頂いた皆様におかれましては、本当にありがとうございます。くじけそうになる中で、モチベーションを維持できました。本当に心強かったです。いろいろ思うところはあるのですが、事後は疲れ果てて向こう一週間は体調が著しく悪かったのを覚えています。大会とか間違っても出場するもんじゃありません。笑 

ただ、事前に綿密にコンビで打ち合わせしたり、「こういう時はこうする」など具体的事例とリカバリプランを事前に策定できたのが大きかったと思います。あとは、相方の佐原さんの決断力の秀逸さ。特にatomで1.5hくらい膠着状態を過ごしていた時に、ハブ移動の打診は会心の選択でした。

あとは天候にも恵まれました。ストリートは台風の影響なのか、強い雨が降っており案件の数もまばら。大雨が全てのストナン職人の動きを抑止してくれました。数あるナンパ環境においてkitagawaはクラブやバーなどでのナンパを得意としており、力を削がれることなくコンスタントに立ち回れたのも大きかったです。

また、特筆事項の2点目と致しまして、年に一度のボーナスイベント、そうハロウィン期間の存在です。年々過熱しているように感じるハロウィンですが、今年のハロウィンでは量と質にこだわり、厳選したピックアップを行うことができたように思います。特に、LINE@で流させて頂いた、ナースコスの二人組においては今でも関係が続いています。(なんでも某アイドルグループの最終選考まで残ったとか。今はたまにキャバ嬢をして、のんびり過ごしているらしいですw)

そして、時はいよいよ学園祭シーズンですね。来月はクリスマスもあります。読者の皆様におかれましても、素敵な女性と素敵な時間が過ごせると良いですね。そのためのお役立ていただける有意義な情報を発信できればと思っております。

 

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


1 2 3 4 5 190