ピックアップ 一覧

渋谷、20歳、モデル、8。

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、

それは果実だと誰もが答えるだろう。

しかし実際には種なのだ。

—ニーチェ(ドイツの哲学者 / 1844ー1900)

6月某日、渋谷。

連休を前に渋谷は益々華やいでいた。街全体がこれから始まる素敵な夜を予見するかのように浮き足立っていた。忠犬も今にも動き出しそうなハチ公前広場に、まるで対極をなすかの如く冷静なKITAGAWAは居た。はやる気持ちと呼吸をゆっくりと整え、さらにゆっくりと、周りを観察した。いつもと変わらない、今日の戦場だ。

さあ、ゲームのはじまりだ。

スクランブルをサーチング開始。信号が変わるたびに押し寄せる人並みを、ぼーっと眺めていた。目があった。ロングのタイトなワンピース、長い髪、アイボリーのハイヒール。スト値8。

「すみません!」

迷わず声を掛けた。考え始めたら負けだ。KITAGAWAは、オープンに最適解などないのを、経験から知っていた。時間をかけてベストを模索するのではなく、最速でベターを探すのだ。そのためには観察することが何よりも大事だ。持ち物、服装、話し方や歩き方、声色、眼球の動き、態度などから、彼女の歩いてきた人生や、価値観を読み取るのだ。KITAGAWAは、間接法の中でもコールドリーディング色の強い、待ち合わせルーティーンを選択した。

「私なら30分くらいかな?」

オープン。

ならんでしばらくドンキ方面まで歩いた。

彼女は20歳。石川出身。モデル。世田谷区在住。時折、ワンピースに入ったスリットから見える足が、たまらなくセクシーだ。飲みを打診。時間制限の理論。友人と待ち合わせがあるから、それまでならOKとの返答が返ってきた。思いも寄らぬノーグダにちょっとKITAGAWA自身が戸惑うも、すぐさま冷静さを取り戻し、円山町のBARへ会話を途切れさせないように気を遣いつつ、誘導した。彼女が店員に注文をする。

「ジンジャーハイボール一つください。」

「じゃあ、俺も同じものを」

ミラーリング。

「ハイボールとか吉高由里子みたいだね?」

そう語りかけながら、注文を待つ彼女の表情を見つめた。軽く微笑んでいる表情がとても素敵で、すでに魅了されかけているKITAGAWAが、そこにはたしかに居た。しかし、これは悟られてはいけない。彼女に敬意を払いつつ、細かいネグを織り交ぜていく。

「つーか、声、酒焼けし過ぎじゃない?」

「酒 焼け子さん、こんにちは。」

時間はあっという間に過ぎて行った。携帯を気にし出す彼女。待ち合わせの友人から連絡が来てしまったのかの?これでもうゲームオーバーか?

「行こう!」

そういって先に席を立ち、KITAGAWAは店を出ようとした。

「待って、会計は?」

彼女が言った。

「さっき俺がトイレにたったとき、ただトイレだけだと思った?」

KIATAGAWAは答えた。

笑顔になる彼女。

「ありがと。ごちそうさま。」

そっと手をさし出す。握ってくる感触を確かめながら、家へ向かって歩き出す。待ち合わせについては、あえて触れない。

「この前後輩と宅飲みしたときのシャンパンが余ってるんだよね。一緒に軽く飲まない?」

グダ。形式グダだと踏んで、一気に押し切る。インマイハウス。乾杯からの、北風と太陽理論。程よく酒が入った二人。シャンプールーティーン。ギラ。ノーグダ。


渋谷、音大生、7。

チャンスは貯蓄できない。

―—樋口 廣太郎(実業家/1926-2012)

「約束してほしいことがある」

「うん?」

「ちゃんと責任もって朝まで付き合ってくれること。家に帰ったり行ったりしないで外で過ごすこと!」

一週間ほど前、渋谷の某アイスクリーム店前で、音大生の二人組をコンビでピックアップした。KITAGAWAはコンビでのストリートナンパのスキルがソロほど高くはなかった。ストリートでコンビをする場合、クラブと違って相手に酒も入っておらず、冷静に状況を分析しながら、相方のサポートもしつつ戦況を窺わなければいけない。また、オープン(声をかけて立ち止まらせる、会話のレスポンスを得る)させるのもクラブよりは難易度が上がる。これは、女子側からすれば無意識下に「私はナンパについていく軽い女ではない」という友人への体裁と警戒心、防衛本能に、より強くレバレッジがかかるからだ。コンビによる弊害である。しかし、コンビによるメリットも多々ある。それを活かせれば強い。コンビ・ナンパにおいては連携が重要なファクターだ。

「アイス美味しいよね」

相方のTが、アイスを食べている二人組にオープナーをなげた。5と7。ゲーム開始の合図だ。Tの得意技、ミリオンダラー・スマイルが決まる。オープンした。kitagawaも負けじと相手を観察し、声掛けする。外見と挙動から、学生なことは容易に予測できた。大学生?それとも…。kitagawaは18歳未満には絶対に手を出さない。法は犯さない。PUA(pick up artist:英語圏でのナンパ師の意)の中には平気でJKとセクをする輩もいるが。さらに会話を進めていく。警戒心から、自己を開示しない属性の女子だ。もっと観察しろ。持ち物、イントネーション、表情、仕草からでる情報を読み取れ。方言はほとんど感じない。埼玉、神奈川などの首都圏か、あるいは西にいったとしても名古屋くらいまでだ。コールド・リーディングで学校名を引き出し、出身が名古屋であることは確信に変わった。びっくりしていた。すかさず、名古屋トークで盛り上がる。kitagawaは、日本中の地域の情報や、様々なジャンルの音楽、あるいは女性のファッションについて一通りの話を出来るように勉強し続けている。これができるのは、もともとそれらに興味があったからだ。ナンパのためにするのならば、きっと根気がいる作業だろう。連絡先を交換して別れを告げた。ほどなくして、携帯に着信がくる。さっきの子だ。まさか向こうから先にメールがくるとは思わなかった。何日かメールのやり取りをした。本当に素直な子だ。名古屋出身、音大生。パーソナル情報を交換した。ある夜、電話が鳴った。その子からだ。1時間程度の会話を交わし、向こうからの強いIOI(Indicator of Interest:関心の表明)を感じた。メールで会う約束を取り交わした。

「約束してほしいことがある」

「うん?」

「ちゃんと責任もって朝まで付き合ってくれること。家に帰ったり行ったりしないで外で過ごすこと!」

そんなやり取りをした。kitagawaは勝利を確信した。アポの時間は週末の23時、渋谷。負ける要素はなかった。ハチ公まで迎えにいくと、彼女はそこにいた。

「今日はコンタクトの調子が悪くて…。メガネなのゴメンネ(笑)」

ふわっとした白のシフォンスカートにピンクのカーディガン。女子らしい格好の彼女は、メガネでも十分魅力的だった。ホテル街にある、行きつけのイタリアンに向かう。ここはリーズナブルな値段で美味しい牡蠣も提供してくれる、自家製リモンチェッロの美味しい店だ。会話を交わしながら、軽めの食事を済ます。

「それを飲んだら行こう」

会計を済ませ、店をでる。向かう先は、自宅。

「私、ちょっと酔っちゃったかも」

「美味しいフルーツが先日実家から届いたんだよね。一緒に食べよう」

理由なんてなんでも良かった。女の子にていの良い言い訳を作ってあげるだけだ。少し玄関先でグダがあったが、KITAGAWAは自信満々な態度と、揺るぎない姿勢と笑顔を崩さなかった。形式グダだった。家に入り、スパークリングを一本あけると、ほどなく睡魔に襲われた。

「寝よう」

kitagawaは言った。バスローブルーティーン。着替えて二人でベッドに入る。彼女は処女だった。はじめは痛がっていたが、ほどなくして痛みは快楽に変わったようだった。本当に痛がったらやめるつもりだった。セクをするのは楽しいが、それは目的ではない。kitagawaは、セックスの向こう側を見るのが好きだ。セクをして、体も繋がると女性はなんでも話すようになる。もっと仲良くなれる。その世界観が、女子の本音が、kitagawaは好きだった。

 


1 137 138 139 140 141