ピックアップ 一覧

9月度 ナンパ月次報告書を添付致します。

こんにちは。「ナンパとピックアップ私」管理人のkitagawaです。

秋涼爽快の候、読者の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、本日は恒例の月次報告をさせて頂きたく思います。

(2017.09)月次報告書

9月は ウルトラ などのイベントもあり、旧友(not PUA)と過ごす時間や、仕事関係に使う時間、あるいは LTR と過ごす時間が非常に多い月でした。

また、アポのドタキャンや流れ(かなり前に取り付けたもののため)が5件発生と非常に目立ちました。いずれもそこまで重要視していたアポではなかったので、ダメージは比較的少なくて済みました。

しかし、「別にそんなに仲良くねーしドタキャンやバックれしてもいいや」とかそれに準じたマインドを持っている女性には正直スマホを叩き割って誰とも連絡取れなくしてやろうかとも思いますが大人な対応を心掛けるようにしております(笑) 

まあ、なんていうか、どれだけ自分の感情をコントロールできるのか、というのも PUA としての素養なのではないかと思うのです。市場的にはかなり二極化が進んでしまっている(パレートの法則=市場の8割の女性を2割の上位層の男性がシェアしている)ので、アポやPU中もそれが一つの重要な鍵な気もします。

というのも、元来女性は感情的な生き物なので、感情をコントロールできる男性により魅力を感じるようにプログラミングされているという仮説に基づいたものがあるからです(DNA構造上、より強い遺伝子を残すために自分に無い耐性を求めるのは自然の摂理)。

話を戻しますと、「8割の男性は残された2割の女性の中からパートナーを選ぶ」ということになりますが、 スト値 の視点から考えると「スト高」と言われる存在を7以上と仮定するならばおおよそ11%のシェアなので、

0.2×0.11=0.022

なんと世の8割の男性は2%程度しか美人をパートナーに選ぶ事はできないのです。この確率、1/50。なんとなくそれっぽい気もしますね(笑)自分を偽って、この女性は中身が素晴らしいんだと言い聞かせて一緒に居るのも悪くないですが、中身も外見も素晴らしい女性が存在するという事実は消せないですよね。限られた人生のリソース、あなたはどう使いますか。

かくいう私は9月前半2週間は体調不良で思うように活動できませんでしたが、中身としては理想的なリソース配分の月だったように思います。(ナンパブログの筆者がこんなこと言うのもちょっと微妙なところですがw→)女性だけが全てではないですし、幸せを感じられる何かを持ち合わせていることが、人生にとってのかけがえのない財産な気もします。

このブログの存在意義について、ふとした時に考えることがありますが、「恋愛」あるいは「ナンパ」というカテゴリにおいて少しでも読者の皆様のお役に立てるのならば、執筆している意味があるのかなと。そんな思いです。

今月はハロウィンなどのイベントもあり、次月は学園祭シーズンです。できる限りアウトプットを頑張って参りますので引き続き宜しくお願い致します。

本日は以上になります。それでは、kitagawaでした。


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


或る雨の日の出来事 ③

本日のエントリーは…

或る雨の日の出来事 ①

或る雨の日の出来事 ②

こちらの続編になります。よろしければそちらから先にご覧下さい。


 

涙を流さずにタマネギを切るコツを知ってる? 涙が出てくる前に素早く切り終えることだよ。

— 村上春樹(小説家)

 


Chapter 4 工程表

その日はkitagawaとしては珍しく、日中にアポを設定していた。彼女は湘南新宿ラインで渋谷までやってくる。乗ってくる電車まで事前に調査済みだった。終電前に必ず送り届ける約束もしていた。言い換えれば、彼女は終電まではkitagawaに貴重な時間を預けてくれる、ということだ。

「そのまま電車乗って。俺も同じのに乗るから。」

そう言いながら、あらかじめ準備していた工程表をpdfにしてLINEで送った。

 

 

daytrip2017summer01

 

daytrip2017summer03

 

daytrip2017summer02

「わわ、なんかすごいのきた!」 

スタンプと共に悪くない反応が返ってきた。kitagawaは自分ができるだけ楽しい時間を過ごすために、可能な限りの準備をする。結果、それで彼女も楽しんでくれれば良い。こういうデートは効率的ではないのであまりしないのだが、彼女は特別だった。PUA とは言えないのかも知れないが、kitagawaもピックアップ・マシーンである前に一人の人間だ。

ふいに出会った日のこと、あの雨の降っていた日のことを想い出した。彼女と出会わなければ、きっとあの日も何の変哲もない一日だったのだろう。そして、今日も。

ホームに向かう足取りはいつもより軽かった。渋谷駅では埼京線ホームがかなり離れたところにある。そこは、もはや恵比寿だ。隣駅である。余談だが、東横線なんて地下5階で降りるだけでうんざりするし、地底人にでもなった気分だ。渋谷という場所は、そういう意味では埼玉県民や神奈川県民に優しくない。

そんなことを考えながら歩いていると、すぐに電車が到着した。

「何両目ー?」

メッセージを送信すると、すぐに返信が来た。すぐそばの車両だ。

 

 —続く—


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


1 2 3 4 5 6 7 140