合コン 一覧

ナンパとピックアップと合コン vol.4

本日のエントリーは前回の

前回の

ナンパとピックアップと合コン vol.1

ナンパとピックアップと合コン vol.2

ナンパとピックアップと合コン vol.3

こちらの続編になります。よろしければそちらからご覧下さい。


 

人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?

— マリリン・モンロー(女優)

Chapter 5 鍵

 

「大丈夫だよ。すぐ戻って来ればよくない?朝までここにいるんでしょ?みんな。さっき言ってたよね。それに、少しアミとは話したいなと思ってた(笑)」

「なにそれ(笑)うーん、じゃあ、すぐ戻るけど?」

「当たり前じゃん。友達放置してそんな長い時間いれないでしょ。」

kitagwaは旧友のメガネくんを放置していた。彼をどこかでコラボさせようと思ったが、タイミングを逸していた。

しかし、このゲームが始まる冒頭から、彼とはLINE通話をした状態だった。このゲームの全容を彼にリアルタイムで聞かせるためだ。充電が減るのが恐ろしく早かったのはそのためだ。

 

kitagawaはアミと一緒に店を出た。歩きながらの恋愛遍歴引き出しルーティーン。彼女はとても押しに弱く、ダメ男にはまるタイプだった。もはや、連れ出した段階でいけるヴィジョンしか見えなかった。

 パーカー理論おっととっと家だぜ 。ノーグダでインマイハウス。

 シャンパン・セレブレーション

2017-06-02 02.58.36

ギラ。彼氏としかやらない。今日あったばかりグダ。 リスペクト・イーチアザー

「今日会ったばかり。確かにそうだよね。アミはすごく正しいし、そういうところめちゃ良いと思う。でも、一度考えて欲しいことがあって、今日会ったばかりだとやらないのは何でだと思う?」

「え?う〜ん、とにかく、ダメなものはダメなの!(笑)」

「今までにさ、会った日にしたことはある?」

「え、ない。(笑)」

「なるほどね。でもさ、そんな風にしっかりとした手順を踏んで、互いを知った上で付き合ったりしても、結局今までの彼氏とは終わりを迎えてるじゃん?だとしたら、会った日にするしないっていうのは大切じゃないのかも知れないよね(笑)あと、会ったばかりでするしないってのは別に重要なことでもなんでもないと思うんだけど、しないにしてもそこに明確な理由なんてないと思うんだよ。なんか、道徳的にとか、育ってきた上での倫理観だとか、そんな固定観念で『なんとなくダメな気がする』と思っているだけだと思うの。」

「なるほどね(笑)」

 

話を段々とすり替えていく。徐々にアミが リフレーミング されていくのを感じつつ、円筒型のフルート・グラスの中でキラキラと輝く液体を互いに飲み干していった。

 

「ところでさ、この世に『エロ度』ってものが存在するとしたら、アミは10段階中、何エロだと思う?」

エロ度テスト。

「えー、何それ(笑)」

 

彼女は少し考えながら答えを口にした。

「8・・・?かな?」

彼女はうっすら恥ずかしそうに言った。kitagawaはそこを見逃さなかった。何故、彼女はエロ度が8なのか。平均が5だということはその前に伝えていた。彼女が8な理由。それは、行為自体は嫌いじゃない(これには、むしろ「好き」とは正直に言えない照れや、美徳を感じた。)ということらしかった。彼氏には自分から求めることもあったらしい。オナニーに関しての質問に対し、「している」ということまで口にしていたが、頻度に関しての質問に対しては、言及を避けていた。

彼女はとても正直で、素直な子だということが分かった。

 

「え?どういう風にいつもしてるの?クリ派?中派?こんな感じ?」

「ちょっとどこ触ってるの?(笑)」

「逆にどこだと思う?」

「ちょっと、、ちょ、、あっ・・・」

 

焼き魚 。

事後、さっきまでグダっていた彼女はまるで気まぐれな子猫のように懐いてきた。女性がセックスを断る理由は大きく分けて二つある。

一つ目は、シンプルにその男性と行為に及ぶのが生理的に嫌なパターン。二つ目は、会ったばかりでするのはモラルに反する、あるいは女性としての価値を低くしてしまう、というマインドを持つパターンだ。前者にカテゴライズされてしまった場合、どう足掻いたとしても、もう修復は不可能なケースが多い。

後者は心の鍵を外してあげれば良い。ただ、その鍵の形が千差万別なことが非常に厄介なのだが。

 

彼女を送り届け、繋がりっ放しのLINE通話の画面を見る。経過時間が3時間を超えていた。

「もしもしー?」

kitagawaはスマホに向かって声をかけた。

「あ、もしもし。感動した(笑)神!」

メガネくんがkitagawaの呼びかけに応えた。そのまま彼とセンター街のとあるラーメン屋で合流した。麺をズルズルとすする音がどこか懐かしく、心地よい耳触りだった。彼には魚の獲り方、鍵の開け方は伝えられたのだろうか。彼の眼鏡が、ラーメンの湯気で曇っていた。

 

—END— 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


ナンパとピックアップと合コン vol.3

本日のエントリーは前回の

前回の

ナンパとピックアップと合コン vol.1

ナンパとピックアップと合コン vol.2

こちらの続編になります。よろしければそちらからご覧下さい。


 

人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?

— マリリン・モンロー(女優)

Chapter 4 ウーロンハイ

「何飲むー?」

kitagawaはミキ(仮)の方を向いて言った。

「え〜と、じゃあ、モヒート!」

隣のアミも「同じの!」とのことだった。店員を呼び止め、「モヒート」と「ウーロンハイ」を4つずつ頼んだ。敢えて全員に聞こえるように声を張った。と、同時にkitagawaは忍者のように席を立った。先ほどの店員を後ろからダッシュで呼び止めるためだ。

「すみません、飲みすぎてる奴がいるので、先ほどのウーロンハイを烏龍茶に変えてもらってもいいですか?」

kitagawaはテーブルから少し離れた場所で店員に打診した。店員は笑顔で頷いた。用を足しつつ、充電の減りが恐ろしく早い携帯をチェックして、席に戻る。

ちょうど後ろから店員がモヒートと烏龍茶を運んでくるタイミングだった。

「あ、ありがとうございます。ここに置いてもらって大丈夫です。」

kitagawaはそう言いながら、テーブルの隅の方に店員が持つお盆からジョッキをおろすのを手伝った。店員に任せたら、「烏龍茶」と言いかねない。それを悟られないように、水面下で動く必要があった。場をコントロールするためだ。酔いすぎてはいけない。

「第二回戦行きましょう!ボーイズトーク・ガールズトークゲーム!!いえーい!」

kitagawaはテンション高めに言った。

「なにそれ〜?」

kitagawaは再びルールの説明をした。これは男女がそれぞれ3人以上いなければ盛り上がらないゲームだった。が、現状の場の空気と先ほどのナンバーワンゲームでの様子を鑑み、必ず盛り上がることがイメージできていた。

「じゃあ、お題は『付き合ったら尽くしてくれそうな人』!(笑)」

女性陣にテーブルに伏せるように促す。

「この子(名前を出さないように指をさしながら話す)はめちゃ料理とか何気に美味そう(笑)」

「この子は騎乗位とかすごそう(笑)」

ちょっとエンジンがかかりすぎな奴もいる。女性陣が引かない程度にしてくれ、とkitagawaは思った。この手の話題は顔面偏差値との相関性や、その人が持つキャラ等にも影響を受けるため一概に否定できないが、空気を読んでいかなければナーバスになってしまう女性もいることだけは確かだった。

女性陣が伏せている間に、kitagawaは男性全員にメッセージをメモした携帯の画面を見せる。

「ウーロンハイぜんぶ烏龍茶 気付かれないように」

kitagawaは人差し指を立てて自分の唇に当てた。他の男性陣は一瞬驚いたような表情を見せつつ、またゲームに戻った。

ゲームのルール通り、女性を一人に選ぶとkitagawaはその子にテーブルの隅に置いてあるモヒートを渡す。いい飲みっぷりだ。歓声が巻き起こる。

「それじゃあ、次のお題は『デートに行ったら楽しそうな人』で!(笑)」

今度は男性が伏せている間、女性はお題について一人を選定する。このゲームは必ず男女が交互に酒を飲むことになる。女性はあれやこれやと、テーブルに伏せている男性陣の頭越しに会話をしている。

「〇〇(名前を出さないように指をさしながら話している)は、めちゃ紳士そう!(笑)

「△△はいろいろな場所に連れて行ってくれそう(笑)」

案の定、かなりの盛り上がりを見せていた。そして、このお題では予想外にもkitagawaが選ばれた。こういうのは慣れていないのでほんの少し照れた。

kitagawaは用意していた「ウーロンハイ」を飲み干した。再び歓声が上がる。そんなやり取りが4往復続いた。

アミが席を立つのを見計らって、kitagawaも席を立った。テーブルは盛り上がっている。彼女たちはここでオールするつもりらしかった。

すぐ隣にある女子トイレの隣の個室で、kitagawaはタイミングを見計らっていた。女子トイレのドアが開くと同時に、kitagawaも外に出た。

「おっ。びっくり(笑)お疲れー。」

kitagawaは偶然を装った。

「あ、おつー。(笑)」

アミはアパレルで働いており、ロングヘアーがとても綺麗だった。テーブルの中では一番kitagawaのタイプだった。

「本当さっきまでつまんなくて、実は帰りたいと思ってた(笑)」

彼女は笑いながら言った。

「今は?」

kitagawaは少し笑いながら、彼女の方を見ずに言った。

「んー。(笑)」

彼女は答えの言及を避けているようだったが、さっきまでの表情を見てると明らかだった。あれがもし演技だったら、魔性すぎる女だと思った。

「なるほどね(笑)ちょっとさ、散歩しない?」

kitagawaは手を差し伸べながら言った。

「えー、ダメだよ、みんないるし。」

グダ。

 

—続く— 


 【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数   0f4ed1156621fccf61cdb81f759335c9

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


1 2