渋谷 一覧

渋谷ストリートナンパ with 小山 vol.3

本日のエントリーは先日の

渋谷ストリートナンパ with 小山 vol.1

渋谷ストリートナンパ with 小山 vol.2

こちらの続編になります。よろしければ、こちらから先にご覧下さい。


過去も未来も存在せず、

あるのは現在と言う瞬間だけだ。

— トルストイ(小説家)

Chapter 3 呆然

 

黒髪韓国がお手洗いに立って戻りそうなタイミングで、kitagawaも席を立つ。死角になっているトイレ前で時間調整をし、ちょうどすれ違うタイミングを見計らう。彼女が出てきた瞬間に「自分もトイレを利用しに今ここに来たとこ」というスタンスで彼女とすれ違う。すれ違いざまにニッコリと笑い、頭ポンポンからのTKD。キスはできたが、若干のグダ発生があった。まだ和みが甘い、ということだ。

kitagawaは個室の中で、黒髪韓国との恋愛遍歴引き出しルーティーンを思い出していた。彼女は、付き合ったら割と一途で、付き合うまでは警戒心が強めなタイプだった。付き合う前にセクをした人数は一人。隙が全くない訳じゃない。

「そろそろ出ようか。」

 

kitagawaはトイレから戻る過程で、店員をつかまえて女子から見えないように会計を済ませていた。4人で仲良く店を後にする。

 

そのとき、黒髪韓国の携帯に着信が入った。どうやら、彼女曰く「お世話になってる人」から呼び出しが入ったらしい。茶髪女子とkitagawaの制止も虚しく、彼女は「1時間で戻る」と約束し、行ってしまった。唖然とする3人。

 

「しょうがないから3人で飲み直そう。」

 

kitagawaが提案し、そのままkitagawa邸に3人でイン。

 

小山と打ち合わせをし、ショッピングセパレート。黒髪韓国とばかりと話していたkitagwaと茶髪女子の和みは明らかに不充分だった。しかし、恋愛遍歴引き出しルーティーンをした感じと、彼女との距離感からkitagawaはなんとなくいける気がした。GGバランスを見ながら、焼き魚理論を駆使して立ち回る。

 

2016-04-23 04.12.00

 

。彼女は以前バレエをやっていたらしく、異常に体が柔らかかった。調子に乗って特殊な体位を実施。行為を楽しんだ。

 

彼女の名前以外のパーソナルデータをkitagawaは持っていない。小山に即ったことを告げると、すぐ小山が帰宅。入れ替わりでkitagawaが部屋を出る。

 

「あ〜、めっちゃクラムチャウダー食いて〜。なんかクラムチャウダー食いて〜な〜。ちょっとコンビニ行ってくるわ〜。」

 

そんなことを独り言のようにブツブツ言いつつ、kitagawaは部屋を後にする。しばらくして小山からも報告が入り、部屋へ戻る。ちょうど、同じタイミングで黒髪韓国から連絡が入る。すぐ迎えに行きつつ、再度4人で和みスタート。

2016-04-23 05.36.53

 

kitagawaは黒髪韓国と一緒にベッドへ。小山と茶髪バレエは仮設のダブルベッドへ。睡魔に負けてkitagawaはそのまま黒髪韓国と共に寝てしまう。

 

少しのときが経ち、目覚めると彼女たちが帰る準備をしていた。そのまま、玄関先まで見送った。

 

こうして、kitagawaと小山の長かった1日が、二人のねぎらいの握手と共に、その幕を静かに降ろした。

 

—完—

【この日の戦績】

kitagawa:1即

小山:1即

チーム計:2即


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


渋谷ストリートナンパ with 小山 vol.2

本日のエントリーは先日の

渋谷ストリートナンパ with 小山 vol.1

こちらの続編になります。よろしければ、こちらから先にご覧下さい。


 

 

過去も未来も存在せず、

あるのは現在と言う瞬間だけだ。

 

— トルストイ(小説家)

Chapter 2 道案内

闇夜に履きなれたローファーの踵の音を響かせながら、すぐサージングを開始した。クラブ街のストリートにて携帯電話をじっと見つめる女子二人組を発見。

 

「どこか探してるんですか?歩くグーグルマップと言われた僕がよかったら案内しますよ。」

 

kitagawaは笑顔でオープナーを投げた。

 

「あの、WOMBってクラブを探してるんですけど…」

 

彼女は少し困った表情で、そう答えた。

 

「あ、知ってますよ。案内しますね。」

 

kitagawaは笑顔でそう答え、小山の方をチラッと見た。小山は素早くサポートの動きを見せる。そのクラブは女性たちがいた場所から100メートルも離れていないところに存在したが、初見では分かりにくい場所にあった。

 

「テクノとか好きなんですか?それとも外人が好きなんですか?」

 

kitagawaは歩きながら彼女に語りかけた。WOMBというクラブは外人が非常に多く、テクノなどを中心にDJによる選曲がなされている。最近流行りのBillboardチャートや、EDMなんかを聴いちゃうミーハー女子には全く合わないであろう箱だった。

 

kitagawaはそのことを彼女たちに伝え、コントロールしようと試みた。しかし、彼女たちはそれでもその箱に行きたいらしかった。方針を即座にLゲにシフトする。

 

「これも何かの縁なんで、よかったらLINE交換しましょう。クラブがもし、つまんなくて出るときは連絡ください。」

 

kitagawaは笑いながら言った。そのとき。

 

「すみません、ここ近隣の住民にご迷惑となるので、こちら(店内)でやってもらいますか。」

 

入り口のセキュリティが我々をクラブ内部に促してきた。即座にQRを出し、読み取ってもらう。小山もスピーディに交換していた。この辺の加速力はさすがだ。

 

そのまま彼女たちを見送り、駅方面へ向かいながらナンパを再開。そのまま、タクシーで六本木へ向かう予定だった。

 

声掛けを数件しながら駅前へ到着したあたりで、小山の携帯にLINEメッセージの着信があった。先ほどWOMBに案内した彼女たちからだった。どうやら、つまらなすぎてもう出たらしい。彼女たちは、我々が六本木へ向かうことは知っていた。それを知った上で、彼女たちは我々に現在の居場所を訪ねてきた。

 

瞬時に小山と作戦を立てる。

 

「いつものイタリアンを挟んで、家だね。それか、直で家?いや、イタリアンを挟もう。」

 

小山も同じ意見だった。イタリアンからのkitagawaマンション。繰り返し経験を積み、歩んできた道。どんな事態にも臨機応変に対応ができる道。舗装された、安定した道。フールズメイト・アナロジー

 

戻りながら、ドンキ前で合流した。7と8のセット。小山の担当の女子は白いパンツに、デニムの長袖シャツ、茶色に染め上げられた髪がアクティブさを物語っていた。kitagawaの担当の女子は、身長が低く、白い長袖のニットに長い黒髪をなびかせ、MA1にスニーカーを合わせた出で立ちだった。例えるならば、顔や雰囲気は韓国系美少女。

 

4人で並んで歩きながら、程なくしてイタリアンへ到着。お決まりのシャンパンをワインセラーから取り出し、シャンパン・セレブレーション恋愛遍歴引き出しルーティーン。パスタ揚げを用いたポッキーゲーム。エロテスト。ドMのレッテル貼り。

 

徐々に仕上がっていくのを感じた。

 

—続く—

 


【LINE@で即報やお得ナンパ情報を配信、ブログ記事はメルマガにて先行配信中!】

ブログではすぐにお見せできない限定記事や、実際にセクまで到達した女性のリアルタイム写メ等も先行配信しております。よろしければこの機会にぜひご登録ください。

友だち追加数

※上記ボタンワンクリックで簡単に友だち登録頂けます。また、ワンクリックでいつでも解除できます。

応援頂ければkitagawaの目標達成および、新ルーティーン構築のモチベに繋がります。よろしくお願いします。


1 2 3 4 9